高校野球・福島大会(2015):ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2011年高校野球選手権ニュース

 聖光学院が9年連続で夏の甲子園に出場している。聖光学院の投手は大学、社会人に進み成長する選手が多く、直接プロに行く選手は多くない。しかし昨年は日大東北の大和田啓亮投手や小高工の菅野秀哉投手など、プロから注目された投手が多かった。

地区

 春は聖光学院がきっちりと優勝したが、日大東北は1回戦敗退。春準優勝のいわき光洋が対抗になるも、聖光学院の牙城を崩すのはやや難しそうだ。

 

注目選手

 今の時点でドラフト指名候補としてプロのスカウトが集まるような選手はいない。

 

その他の注目選手

 聖光学院の今泉慶太投手や野嵜洸大投手は140km/h前後の速球を投げるものの、エースとしては登板していない。安定感がカギとなるが、大学社会人などに進み力を見せてくれるかもしれない。2年生の鈴木拓人投手は春の大会で5回ながらノーヒットノーランを達成、期待の左腕投手。

 学法石川の桑原良拓投手は140km/hを越す速球を投げ、県内屈指の速球派投手。光南の星雄太朗投手は球速は130km/h前半も球速をどんどん伸ばし、昨年秋の3位決定戦では3安打12奪三振で完封している。

 野手ではいわき光洋の佐治拓海選手が光る。182cmの選手だが巧みな打撃を見せる。

2015年度-高校生-福島県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント