夏の甲子園とドラフト候補

今年の夏の甲子園大会も多くの注目選手が登場する。この中でドラフト1位か外れ1位で指名されそうだなと思うのは、金沢高校・釜田佳直投手です。150kmを超すストレートはもちろん、変化球も大会のたびに精度を増しており成長している。また予選でも1本ホームランを放つなど長打力も一級品です。

2位、3位に入ってきそうなのが、東洋大姫路・原樹理投手、聖光学院・歳内宏明投手でしょうか。ただしこの二人は進学の実績のある高校でもあり、その可能性がある選手だ。九州国際大付の高城俊人捕手や、遊撃手の帝京の松本剛選手もチーム状況によりこの順位で指名される可能性があります。

プロ側の評価は大体地方大会の段階で終了しており、甲子園では1回戦をチェック程度で視察する。ただし、これまで評価していながら不調だったり、地方大会で強い相手と戦えず全国の舞台で強豪相手にどんなプレーをするのかを見たい選手がいる。英明・松本竜也投手はもちろんこれまでも評価されていた長身左腕投手ですが、夏の香川大会で最も評価を挙げた選手だと思います。甲子園で強豪相手にどんなピッチングをするかで、ドラフトの順位が変わってくる選手だと思います。また、日大三・吉永健太朗投手、帝京・伊藤拓郎投手はドラフト1位クラスの素質を持っていて1年生、2年生の時からその力を見せていました。しかし2年生後半、3年生の春まで調子が悪く、評価が上がりませんでした。ただし二人とも地方大会で復活の投球を見せていて、甲子園での投球によっては上位候補の可能性があります。

また下級生では来年の超目玉、花巻東・大谷翔平投手、智弁学園・青山大紀投手に注目です。大谷投手は既に151kmをマーク、青山投手も140km中盤のストレートに多彩な変化球を投げます。また二人とも打撃にも定評があり、甲子園でのホームランも期待できます。

今年のドラフトでドラフト1位確実な選手は甲子園に出場できませんでした。東海大甲府・高橋周平選手、宮崎日大・武田翔太投手、足立学園・吉本祥二投手です。この3人が全国の舞台で見られないのは残念でしたが、それでもそれに余りある素晴らしい選手が登場します!


PAGE TOP