18U世界選手権、日本、韓国に4-2で勝利!藤浪晋太郎投手2失点完投!

  本日(6日)に行われる18U世界選手権、日本vs韓国戦、先発は昨日に引き続き、大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手が先発。

 日本は韓国の投手の3四死球でノーヒット満塁から金子凌也の内野ゴロの間に1点先制、続く田村龍弘の打席にワイルドピッチで2点目を挙げた。大谷翔平選手は投ゴロに終わるが、5番・笹川晃平選手の打席で再びワイルドピッチで3点目、2アウトランナー3塁の場面で、笹川選手がセンター前にヒットを放ちヒットで4点目を挙げた。

 藤浪投手は6回まで5安打5奪三振、無失点。韓国の走塁の揺さぶりを受けながらも三塁を踏ませないピッチングを見せていたが、7回に味方のエラーと四球を2つで1アウト満塁からタイムリー2ベースを打たれて2失点。

 8回は藤浪投手が1奪三振で合計6奪三振、9回も三者凡退に抑えて球数は120球を越える熱投を見せて完投、日本が勝利した!

 

1 森友哉   キャッチャー
2 金子凌也  ファースト
3 田村龍弘  サード
4 大谷翔平  レフト
5 笹川晃平  ライト
6 水本弦   センター
7 高橋大樹  DH → 田端良基 DH
8 北條史也  ショート
9 伊與田一起 セカンド


PAGE TOP