横浜高校敗れるも、高濱祐仁選手、浅間大基選手に巨人、横浜DeNAなどが評価

横浜高, 高濱祐仁, 浅間大基, 八戸学院光星, 新井勝徳, 蔡鉦宇, 深江大晟

 センバツ6日目に登場した横浜高校と八戸学院光星、横浜高校はドラフト候補投手で抜群の安定感が持ち味だった伊藤将司投手が、乱調で3回持たずに6失点で降板し、5-9で敗れた。プロ注目の高濱祐仁選手、浅間大基選手は共に2安打を記録し、ホームランを記録する事は出来なかったが、打撃の評価は変わらなかった。

巨人、横浜DeNAなどが

 智弁学園・岡本和真選手が2本のホームランで注目される中、東のスラッガー・高濱祐仁選手も意識をしていたと思う。しかし今年に入りホームランがまだ出ないなど、調子はまだ上がっていないという状況だった。第1打席、甘めの球をキレイに捉えてバックスクリーンに方向に伸びていく。フェンスまでギリギリというセンターオーバーのタイムリー2ベースで先制打を記録した。9回にもセンターにキレイにはじき返し、打撃のセンスは高いものを持っている。

 しかし本調子であれば初回はホームランにしていたのではないかと思う。高濱選手は体重が5kgも痩せて心配されていたが、まだ調子は上がっていない。それでもプロのスカウトの評価は高い。横浜DeNAの吉田スカウト部長は「高浜はスリムになってもパワーは衰えていない」と評価している。

 また浅間大基選手も序盤は左の呉屋投手に対し甘い球を空振りするなどこちらもまだ本調子では無いようだった。昨年は松井裕樹投手からホームランを放っており、左も苦にしない打者だった。

 しかし右の中川優投手に対しては、4回は一塁を痛烈に破る2ベースヒット、9回は球に合わせてバットに乗せるような感じでライト前にヒットを放つと、盗塁を決めるなど活躍を見せた。スイングスピードなどはまだ上がっていない感じで、鎖骨骨折の影響でまだ振込みが足りていないのかもしれない。それでもセンスで活躍を見せるところがレベルが高い。

 この浅間選手にも横浜DeNA・吉田スカウト部長は「三拍子揃ってセンスがある」と評価、巨人の山下スカウト部長も「三拍子揃ってパンチ力がありA評価」と最上位評価をしていた。

 高濱選手には横浜DeNAが、浅間大基選手には巨人が注目をしており、今後、他球団も含めて獲得の競争が行われるだろう。

 

打撃好調の光星打線

 八戸学院光星は、大会前に9試合で3本塁打を放っていた深江大晟選手がこの日もホームランを放つと、186cmの新井勝徳選手もライトポール際にホームランを放った。また3回は1番サードの北條裕之選手の2ベースヒットを皮切りに、蔡鉦宇選手の3安打1打点の活躍など打者の活発さが目立った。

 打線で言えば今大会NO1かもしれず、2012年に春・夏準優勝で後一歩届かなかった夢を果たすかもしれない。それだけの迫力を感じた。

 

 まさかの初戦敗退。プロ注目の好打者・浅間大基、高浜祐仁は試合後、ぼう然としていた。1番打者として2安打、2死球と4度出塁。いずれも生還した浅間が「向こうの方が打撃も投球も上だった」と言えば、初回2死二塁から中越えへ適時二塁打を放つなど、2安打2打点の4番・高浜も「力負けでした。一から出直しです」。自分の仕事ができても、チームが敗れては意味がなかった。

 エース・伊藤将司が3回に3四死球を与えるなど、打者一巡の猛攻を受けて5失点。渡辺元智監督(69)は「伊藤が悪すぎました。制球を気にするあまり、腕が振れていなかった」と話した。浅間、高浜が持ち前の打撃を披露したが、投手力は発揮できなかった。

 3回、勝ち越し打で打者一巡の猛攻につないだのが、5番に座った蔡だった。1死満塁で決勝の中前適時打。初の聖地で5打数3安打1打点と大暴れし、父・弘良さんや母・趙梅珍さんら約30人の応援団を熱狂させた。

 台湾で一度高校に入学したが、甲子園に憧れ来日。既に18歳で、高野連規定により、これが高校生活最後の大会となる。昨秋は「蔡と一緒に甲子園へ」だったチームの合言葉は「蔡と1試合でも多く」に変わった。

 「台湾では(この試合を)全国放送してくれているのでいいプレーをみせたかったし、チームのために打ちたかった」。環境が激変した影響で入学後すぐに体調を崩し、約3週間入院した。それでもチームメートを先生役に、毎日少しずつ日本語を習得。今では野球部内で出身者の多い関西弁が口をつくこともある。身も心もすっかり日本になじんだ。


PAGE TOP