龍谷大平安・高橋奎二投手が8回1/3を6安打8奪三振

龍谷大平安, 高橋奎二

 龍谷大平安は2年生の左腕・高橋奎二投手は、足を大きく上げる最近目立つ”ライアン”フォームでダイナミックなフォームから、伸びのあるストレートと大きなカーブを投げる。八戸学院光星の強打線を8回1/3まで投げて6安打8奪三振で2失点に抑えて勝利を飾った。

来年のドラフト候補

 足を大きく上げた後、伸ばしながら円を描くように前に持っていく特徴のあるフォーム、「打者のタイミングを外し、前で球を離せるように」と高校に入学してから取り組んだフォームだった。ストレートは130km/h後半を記録し、外角低めに伸びる球を投げた。コントロールには定評があり、大きく乱すという事はなかった。また、大きく曲がるカーブで空振りも奪った。

 昨年の明治神宮大会、初戦の三重戦で先発し5回1/3を3安打2奪三振1失点と好投し5-1で降板する。すると2番手投手以降が三重高校の反撃に合い、5-4で勝利したもののきわどい勝利となり、これによって高橋投手の投球の好投が引き立てられた。2回戦の日本文理戦は登板しなかった。

 左投手では来年の注目投手の一人となりそうだ。この甲子園での登板で、さらに成長して欲しい。

 

 左腕の龍谷大平安(京都)・高橋奎が8回1/3を投げて2失点と好投した。甲子園初登板の2年生は「初めは緊張したが、途中から自分が思った投球ができるようになった」と安どの表情だった。

 序盤に失点しても「いつも先輩が打ってくれるので気にしなかった」と話す。ダイナミックなフォームから伸びのある直球と切れのある変化球で、中盤以降はスコアボードにゼロを並べた。高校に入って一度も完投がないという背番号10は、9回を投げきれず「まだ詰めが甘い」と反省も忘れなかった。

 龍谷大平安の左腕高橋奎が8回1/3を投げて2失点と好投した。甲子園初登板の2年生は「初めは緊張したが、途中から自分が思った投球ができるようになった」。序盤に失点しても「いつも先輩が打ってくれるので気にしなかった」と話す。ダイナミックなフォームから伸びのある直球と切れのある変化球で中盤以降はスコアボードにゼロを並べた。高校に入って一度も完投がないという背番号10は9回を投げきれず「まだ詰めが甘い」と反省。


PAGE TOP