準々決勝も屈指のカード、2年生、3年生の好投手がそろい踏み

明徳義塾, 履正社, 龍谷大平安, 沖縄尚学, 田嶋大樹, 佐野日大, 桐生第一, 岸潤一郎, 永谷暢章, 山田知輝, 山城大智, 高橋奎二, 溝田悠人, 田中空良, 豊川高

 センバツ高校野球の準々決勝は好カード4試合が組まれている。2年生、3年生で世代のトップを走る好投手がそろい踏み。

今年も2年生の活躍

 昨年は優勝の浦和学院、準優勝の済美とも、小島和哉投手、安楽智大投手という2年生エースのチームだった。今年も履正社のエースは共に2年生の溝田悠人投手、永谷暢章投手、桐生第一は山田知輝投手、そして龍谷大平安は背番号10ながら高橋奎二投手がエース格となっている。

 今日は、昨日引き分け再試合を完封した桐生第一の山田知輝投手と、龍谷大平安の高橋投手が対戦する。山田投手は疲れが残り登板するかは分からないが、2年生の世代で先頭を走る左右の好投手だろう。

 また履正社はチーム内でエースを争うが、今日は溝田投手、永谷投手のどちらが先発するのか楽しみだ。福知山成美と対戦する。

 

大会屈指の4投手が揃う

 3年生だって負けていない。豊川vs沖縄尚学の試合では田中空良投手と山城大智投手、そして佐野日大vs明徳義塾の試合では田嶋大樹投手と岸潤一郎投手といった、今大会の注目投手がその実力を見せて、そのまま勝ちあがってきた。プロも注目する投手達の非常にハイレベルな投げ合いとなりそうだ。

 この中で注目されるのはやはり田嶋大樹投手だろうか。また田中空良投手も今大会で大きく評価を挙げている。岸投手は打者としての評価が高く、山城投手は、ドラフト的には球速のある田嶋投手や田中投手よりは評価が高くないかもしれないが、昨年秋の明治神宮大会優勝、そして今大会でも初戦の報徳学園を1-0、2回戦の白鴎大足利を8-1と隙を与えずに抜群の安定感を見せた。強力な打線もあり秋に続き2冠を狙う。

 


PAGE TOP