北海高校、札幌大谷高校が初戦で敗れる

北海高, 吉田甫, 小田隼哉, 岡本凜典, 大友亜蘭, 札幌大谷

 高校野球南北海道大会では、強豪の北海高校と昨年秋の北海道大会で準優勝をした札幌大谷が初戦で敗れた。

初戦敗退

 強豪だったり優勝候補のチームが初戦に苦しみ、または勢いを掴み切れずに敗退する事は、毎年どこかの地区でニュースになる。

先日も沖縄で優勝候補の沖縄尚学が初戦の沖縄水産戦で1-0と苦しんだ。シード校である事が多く、相手は勝ち上がってきた勢いがあるが、対戦する強豪校は夏本番というプレッシャーと、練習試合を積み重ねているとはいえ実戦感が感じられずに何もできないまま、という事もある。

 南北海道大会では北照や東海大四、駒大苫小牧などが優勝候補とされ、昨年秋準優勝をしていた札幌大谷や2012年の春以来優勝から遠ざかっている北海高校は、ダークホースという評価ではあるが、それでも通常ならば初戦で敗れるチームではない。

 しかし北海高校は札幌南に2-3で敗れ、札幌大谷が札幌山の手の3-6で敗れ、姿を消した。

 

注目選手

 北海高校には3番を打つ強打者の吉田甫選手や、1番遊撃手で巧みな打撃を見せる小田隼哉選手、他にも素質の高い選手がいたようだが、その力を発揮できずに5安打2得点に抑えられて敗れた。

 また札幌大谷も昨年秋に1年生で活躍を見せた岡本凜典投手や大友亜蘭投手といった2年生投手がいるが、初回に2失点すると、6回に4点を奪われた。

 

 3年生は早すぎる夏が終わり、これから進路を決めていくことになる。大学のセレクションを受けたり、社会人の練習に参加したり。また野球を辞め受験や就職に備える選手もいる。

 2年生は上級生が退部をし、自分たちが最上級生となって新チームをスタートさせる。そして、来年の夏を目指していく。

 


PAGE TOP