高校野球・愛媛大会(2015):ドラフト注目度C

藤原睦来, 大上拓真, 米田圭佑, 亀岡優樹, 堀優斗, 上甲陸, アドゥワ誠, 藤原拓実

 昨年は済美高校の安楽智大投手や丹原の越智達矢選手などが注目された愛媛県だが、今年は特に注目されているという選手はいない。そんな怪物たちがいなくても、今治西、松山商、新田、宇和島東など高校野球を沸かせたチームの多い愛媛県の夏は熱い。

地区

 昨年夏は小松高校が優勝、秋は今治西と松山東が決勝で対戦、春は新田と宇和島東が決勝で対戦、毎回異なったチームが活躍を見せる混戦となっている。春季大会で10試合で99安打を放った新田に勢いがあるが、センバツで二松学舎大付を破った松山東、試合巧者の今治西なども強そうだ。

 

注目選手

 プロのスカウトが注目しているのは西条の堀優斗選手、サードを守る185cmの大型選手で、パンチ力と共に50m6.3秒の足もある。高校通算23本塁打まで記録を延ばし、この夏の大会での活躍が期待される。

 また小松高校の大上拓真選手も抜群の強肩を誇る捕手で、ホームランも打てる捕手。こちらもプロが注目している。

 

その他の注目選手

 松山聖陵は中学時に140km/hを投げた183cmの上甲陸投手が、高校ではあまり名前を聞かずにここまで来た。2年生のアドゥワ誠投手も188cmから130km/h後半の力のある球を投げ、共に夏の活躍が期待される。

 今治西は3年生になった藤原睦来選手が右肩の手術から復活、四国大会では5打数5安打を記録するなど、4番として活躍、投手としても復活が待たれる。また1年生で弟の藤原拓実選手は183cmの体があり球速も130km/h中盤を記録している。来年以降注目選手になっていくかもしれない。

 センバツに出場した松山東は183cmの大型捕手・米田圭佑選手、亀岡優樹投手のバッテリーが光った。亀岡投手は球速こそ130km/h前半だが、伸びのある良い球を投げていた。米田選手も準優勝した東海大四戦で甲子園でホームランを放ち、捕手としても落ち着いたプレーを見せていた。

2015年度-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト


PAGE TOP