夏の甲子園(2015)の見どころ~その4~ 1,2年生の注目選手

清宮幸太郎, 菊地大輝, 松岡隼祐, 村木文哉, 村上宗隆, 高橋昂也, 北村朋也

 夏の甲子園の見どころ、1,2年生の新星を発見する楽しさもある。早稲田実業の清宮幸太郎選手など注目の1,2年生を紹介します。

ドラフトの目玉候補

 花咲徳栄の2年生・高橋昂也投手は最速143km/hを記録する左腕投手、今はリリーフとして常時140km/hを記録し鋭いフォークボールで三振を奪っており、甲子園でもリリーフとして登板しそう。練習試合では先発もしており、15奪三振ノーヒットノーランなど圧巻の投球を見せている。秋からは先発として、来年の注目の左腕投手となっていそうだ。

 181cmから145km/hを記録したのは東海大相模・北村朋也投手。小笠原投手、吉田投手の続くエースはこの人と言えそうだ。春から夏にかけて鍛えられた左腕の山田啓太投手、そして1年生でも右の鈴木海世投手、左の安里海投手と東海大相模は左右の看板投手が続いてゆきそうだ。

 東海大甲府も投手では145km/hを記録する菊地大輝投手、打者では湘南クラブで小笠原投手などと共にジャイアンツカップで優勝を飾った松岡隼祐選手が注目される。

 静岡高校のエース・村木文哉投手は1年時からエースとして経験を積み、この夏は最速146km/hを記録、182cmのセンスの良い投手だけに成長過程にも注目している。1番バッターを担う鈴木将平選手も肩も足もあり注目される。

 早稲田実の清宮幸太郎選手は西東京大会ではホームランこそなかったものの、インコースをきっちりはじき返しタイムリーヒットを重ねた。何より怪物の条件の一つでもある1年夏の甲子園出場を果たし、順調に道をスタートさせた。外角の球や変化球にこれから苦しむことになるかもしれないが、基本的なスイングやパワーはいう事がない。

 また投手の服部雅生投手は西東京大会決勝で、乱れる投手陣の中で強い心をもって流れを止めた投手。力強い130km/h後半の速球があり、強い気持ちがあり成長が期待できる。

 

期待の選手

 敦賀気比は3年生が中心だが、2年生の山崎颯一郎投手がエース候補として登板を経験している。188cmの石川のダルビッシュがどんな成長をみせるのか、平沼投手のエースの姿も見ており期待も高い。

  中京大中京も182cm右腕の初祖晋太郎投手と183cmの左腕・長谷部銀次投手はまだ控え投手としての力しか見せていないが、この夏を経験できれば来年は楽しみな投手となりそうだ。

 滝川二の2年・友井寛人投手は2種類のスライダーでエースとして活躍し、プロのスカウトも来年の候補に名を挙げている。広島新庄の堀瑞輝投手は140km/hを記録している左腕、伸びのある速球にスライダーも鋭く期待の投手。

 鳴門の河野竜生投手は昨年は1年生で甲子園のマウンドを経験、この夏は24回を投げて無失点に抑えている。また昨年の甲子園で同じく登板した185cm右腕の中山晶量投手にも期待したい。

 九州学院の1年生・村上宗隆選手は185cm85kgの身体があり、夏の大会は初戦でバックスクリーン弾を放つ。早稲田実の清宮幸太郎投手と共に注目されそうだ。明豊の2年生・大庭樹也選手は180cmの大型遊撃手、チームの1番を打ち任される役割は大きい。

 興南の比屋根雅也投手はトルネード気味のフォームから鋭いスライダーを投げる左腕、島袋洋奨投手のような三振を奪うピッチングが持ち味で成長してほしい。

第97回(2015)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

第97回高校野球選手権大会(2015)、対戦カードと注目選手一覧

2016年度-高校生のドラフト候補リスト

2017年度-高校生のドラフト候補リスト


PAGE TOP