センバツ大会の明治神宮1枠は四国に、選考では議論が予想される

明徳義塾の優勝により、優勝した地区に与えられる、来年のセンバツ大会の出場枠(明治神宮枠)が四国に与えられることになった。選考はやや難しいか。

高松商かベスト8チームか

来年のセンバツは記念大会であり、四国からは3校が出場することができる。四国大会優勝の明徳義塾、準優勝の英明と、ベスト4のうち明徳に1-3と接戦した松山聖陵が有力とみられていた。

そしてこの明治神宮枠によりもう1校が出場できることが決まった。順当にいけばもう一つのベスト4・高松商が選出されるのだが、高松商は準決勝で英明に2-12と6回コールドで敗れ、また香川大会3位からの出場という事もあり、やや印象が良くないか。

一方、高知高校は、準々決勝で英明に7-8の接戦を演じ、高知大会決勝で明徳義塾に1-5で敗れ高知2位となっている。高知の明徳義塾が優勝したという事もあり、高知の選出も考えられる。

また松山聖陵に6-8で敗れ、香川2位で出場をしている大手前高松も、文武両道の高校として評判が良い。

明治神宮大会1枠が決まった事で、四国地区の選考で議論となることになりそうだ。

松山聖陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
高松商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
高知高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
大手前高松高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP