高校野球・北北海道大会(2017):ドラフト注目度C

伊藤遼馬, 古間木大登, 堀田將人, 石田圭樹

2017年夏の高校野球北北海道大会の注目選手を紹介します。昨年は江陵高校の古谷優人投手が154キロを記録し、福岡ソフトバンクに2位指名された。その他にはドラフトで指名された選手はいないが、旭川実の陣翔大選手など140キロ中盤を記録し、打撃でも注目された選手が多かった。今年はドラフト候補として挙げられる選手が少なく、ドラフト注目度はC。

地区

昨年はクラーク国際高校が優勝、滝川西が準優勝、旭川実と江陵がベスト4だった。

秋の北海道大会は稚内大谷と遠軽がベスト4に入り、今年春は稚内大谷がベスト4入り、旭川実がその稚内大谷と初戦で対戦し3-2の接戦を演じた。全道大会では秋春とも南北海道勢に及ばなかった。

注目選手

ドラフトで指名確実というような選手は、今のところいない。

その他の注目選手

遠軽高校は185cm97kgの左腕・伊藤遼馬投手、183cm79kgの古間木大登捕手、そして182cm112kgの鶴藤昇大選手、190cmの松浦慎太郎選手と大きな選手が並ぶ。伊藤投手は大型左腕として期待したいがまだ球速は伸びていない。古間木選手は強肩捕手だが足もある。松浦選手はセンターで強肩を見せ、マウンドでも140キロを投げるという。

武修館高校の石田圭樹投手は140キロを超す球を投げる左腕投手、捕手の立入魁斗選手も170cmと小柄だが鋭いスイングと強肩がある。滝川西の秋山遼投手も140キロを投げる右腕投手、主将で遊撃手の堀田將人選手は、江陵の古谷選手から2安打を放つなどセンスの良い選手。

クラーク国際の金原瑶選手は昨年夏の甲子園でセンターとして縦横無尽に駆け回り、投手としても135キロを記録する強肩を見せた。運動神経の高い選手。北見柏陽の畑賢志郎投手は184cm84kgの本格派で故障をしてまだ本調子ではないものの化ける可能性がある。

稚内大谷の正岡翔也投手は小柄な左腕だが、躍動感あるフォームから伸びてくる球を投げ、昨年秋、今年春とチームを安定して北海道上位に導いてきた。釧路江南の松田彪瑠選手も170cmだが81kgと体がしっかりしており、2年生で4番を打ち1試合2本塁打も放った。

優勝予想

稚内大谷が安定して結果を残しているが、昨年覇者のクラーク国際や実力校の旭川実、白樺学園、滝川西なども含めて今年も混戦模様。

2017年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP