プロ注目・遠藤淳志投手のいる霞ヶ浦が有力候補、147キロ投げる右腕も!茨城大会

古田島成龍, 遠藤淳志, 北山大毅

夏の高校野球茨城大会の組み合わせが決定した。第1シードの明秀日立は打撃のチーム、第2シードの霞ヶ浦はプロ注目の遠藤淳志投手が注目される。

混戦模様

茨城大会といえば真っ先に上がるのが常総学院だが、今年は春の成績が振るわずに第13シードで迎える。それでも選手層の厚さや実力は高く、優勝候補には挙がってきそうだ。

そして今年の有力候補としては、昨年に細川成也選手が横浜DeNAに指名され、糸野雄星選手も注目され夏の決勝に勝ち進んだ明秀日立が、今年も強力打線を作り挙げこの春の大会で優勝をした。飛び抜けた選手がいないが繋がりのある打線で優勝候補の筆頭となる。

対抗するのが一昨年の甲子園出場校の霞ヶ浦、背番号10をつけていた184cm右腕の遠藤淳志投手はドラフト指名間違いなしとも評価される実力があり、春の関東大会でも好投を見せた。いよいよ背番号1を背負う事になりそうで、県NO.1投手を中心に甲子園出場を目指す。

つくば秀英は168cmの左腕・北山大毅投手がエース。独自の投手育成理論もあり高校入学時は125キロだったが3年春に142キロを記録した。また取手松陽の古田島成龍投手は、練習試合で147キロを記録しており、こちらも速球派投手として注目される。

2017年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP