高校野球・岩手大会(2017):ドラフト注目度B

臼井春貴, 植田拓, 千葉英太, 佐藤眞生, 中塚悠樹, 高柳涼, 岩崎颯人, 中村彪

2017年夏の高校野球岩手大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは、花巻東の193cm右腕・千葉耕太投手が東北楽天の育成ドラフト1位で指名された。今年はスラッガーや投手が注目されており、ドラフト注目度はB。

地区

昨年は盛岡大付が優勝し、甲子園でもその強打線が恐れられた。しかし投手陣は相手打線を抑えることができず、乱打戦を演じた。準優勝は一関学院、岩手大会決勝戦は1-0と接戦だった。

秋は盛岡大付が優勝し、不来方が快進撃を見せた。3位に花巻東、4位に花巻農業が入った。東北大会では盛岡大付が準優勝しセンバツ出場、不来方は初戦で敗退したものの21世紀枠で出場を果たした。盛岡大付はセンバツで準々決勝まで進出した。

春も盛岡大付が優勝したが、久慈が快進撃を見せて準優勝した。大船渡東が3位、花巻東が4位となっている。3位までの3校は東北大会に出場したものの3校とも初戦敗退だった。

盛岡大付と花巻東が2強だった岩手だが、最近は花巻東が思うような力を出せずに敗れる事もあり、盛岡大付1強という声も。ただし、元プロの中尾氏が監督に就任した専大北上や実力校の一関学院がおり、大船渡東や好投手のいる千厩、センバツに出場した不来方なども効率勢も、盛岡大付の打線を抑えることができれば勝負できる。

注目選手

盛岡大付の植田拓選手は165cmの身体だが高校通算50本塁打を記録、驚異的なフルスイングを見せ、センバツでも特大のホームランを甲子園にレフトスタンドに叩き込んだ。右打者では全国屈指のスラッガーである。

その他の注目選手

私学2強の盛岡大付は安定感のある投球を見せる先発エースの三浦瑞樹投手に、リリーフの速球派臼井春貴投手が球速も伸ばしている。2年生で松本裕樹投手の弟・松本跳馬選手も加わり、課題の投手力がアップしている。

花巻東も明るい兆しもある。小柄だが速球派の佐藤眞生投手は140キロ後半を記録してきており、2年生にも期待できる投手が出てきているという。また4番を打つ中塚悠樹選手は春の花巻地区2戦で2本の場外ホームランを放った。まだ選手層や実戦での結果は盛岡大付に及ばないが、来年に向けて楽しみなチームにもなってきた。

公立では千厩高校の千葉英太投手が143キロの速球を投げスライダーのキレも良い。久慈の高柳涼投手もリリーフで登板し140キロ前後の力のある球を投げる。黒沢尻工業の岩崎颯人投手は180cmの本格派右腕で140キロを超え、久慈工業の中村彪投手も172cmと小柄だが140キロを超す球を投げる。

2017年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト


PAGE TOP