高校野球・福島大会(2017):ドラフト注目度B

瀬川航騎, 尾形崇斗, 園部佳太, 大竹風雅, 松本京志郎, 齋藤勝史

2017年夏の高校野球福島大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは指名された選手がおらず、注目される選手も少ない印象でした。今年はところどころに好投手がおり、大会を騒がせる存在となりそうでドラフト注目度をBとします。

地区

昨年も聖光学院が優勝をしたものの、決勝の光南との試合では6-5と接戦だった。それでも甲子園ではクラーク国際や東邦を破り準々決勝に進出、準優勝した北海に敗れたものの実力の高さを見せた。

秋も聖光学院が優勝、準優勝に日大東北、3位に学法石川、4位に福島商が入った。聖光学院は東北大会でもベスト4入りし実力は高い。日大東北もベスト8入り。

春も聖光学院が優勝、準優勝にいわき光洋、3位に東日本国際大昌平、4位に福島東と、聖光学院以外は面子が変わった。しかし東北大会では聖光学院が初戦で敗退、逆にいわき光陽がベスト8、そして東日本国際大昌平がベスト4まで勝ち上がった。

聖光学院が10年連続出場をしており、県内の連覇も続く。それでも春は終盤での逆転などギリギリの戦いとなった。それでもそこでキッチリと勝つ強さがある。しかし、王者をぎりぎりまで追いつめた学法石川には好投手がおり、いわき光洋にもスラッガーがいる。東日本国際大昌平も勢いがあり、日大東北もチャンスを狙っている。一強には変わらないかもしれないが、いけると思っているチームも多い。

注目選手

いわき光洋の園部佳太選手にプロ5球団が注目をしている。高校通算46本塁打だが、昨年春から1年間で30本塁打以上を放った成長株で、春季大会でも20打数10安打10打点2本塁打を記録した。

学法石川の尾形崇斗投手は181cm83kgの右腕で最速は148キロを記録する。この冬に体力を強化し球速が伸びており、これから実戦経験をさらに積んで磨かれれば楽しみな投手となる。

その他の注目選手

光南高校の大竹風雅投手は強打の二塁手としてチームの主軸を打つが、183cmの身長があり投手としても143キロを記録してリリーフ登板をする。一度投球を見てみたい投手。また遊撃手の松本京志郎選手は171cmと大きくないものの高校通算30本塁打を記録している。

日大東北の磯上海大投手も躍動感のある投球フォームから143キロを記録する。

聖光学院は斎藤郁也投手、前田秀紀投手など筋の良い投手をそろえ、打撃でも強打と俊足の瀬川航騎選手に、打撃とセカンドに守備でセンスを見せる小泉徹平選手などが繋がりを見せる。

その他に投手では会津高校の齋藤勝史投手が注目されるかもしれない。178cm80kgの身体から144キロの速球を投げ、まだポテンシャルを秘めていると言われる。

野手では東日本国際大昌平の強打線の中心・柳葉潤選手も172cm70kgと小柄だがフルスイングで春の大会2本塁打を放った。

2017年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト


PAGE TOP