高校野球・栃木大会(2017):ドラフト注目度A

石川翔, 中山貴史, 鈴木萌斗, 北浦竜次, 篠原聖弥, 竹内海斗

2017年夏の高校野球栃木大会の注目選手を紹介します。昨年は作新学院が全国を制覇、エースの今井達也投手は一気にドラフト1位投手となった。この他の選手は指名されなかったが、今年も、現時点でドラフト指名確実とみられる選手が複数人おりドラフト注目度はA

地区

昨年は作新学院が6連覇し、夏の甲子園優勝という輝かしい歴史を作った。栃木大会決勝では国学院栃木に15-6で勝利をしている。

秋も作新学院が優勝、石橋が快進撃を見せて準優勝、白鴎大足利、青藍泰斗がベスト4、関東大会は2校が参加し作新学院が優勝を収めた。石橋は初戦敗退で、21世紀枠での出場も期待されたがセンバツ出場はならなかった。センバツでは作新学院も優勝候補に数えられたが、2回戦で秀岳館と対戦し2-3で敗れた。

春は白鴎大足利優勝し、作新学院は準優勝、佐野日大の他、石橋がベスト4に入り実力を見せた。関東大会では白鴎大足利が初戦で大敗したが、作新学院はベスト4入りし、優勝した東海大相模に4-5の接戦で敗れており、やはり実力は高い。

優勝候補は作新学院だろう。打線に加え投手も継投できるほどの選手がそろっている。ただし、白鴎大足利や佐野日大、青藍泰斗に好投手がおり、投手力次第で甲子園に手が届くかもしれない。また国学院栃木や文星芸大付等の実力校に、矢板中央も投打に選手がいる。秋・春ベスト4の石橋も力がある。

注目選手

青藍泰斗の石川翔投手の復活投球に9球団のスカウトが視察に訪れた。バランスの良いフォームから178cmだが低めに角度のある球を投げ、ストレートの球速は148キロを記録し、スライダー、チェンジアップで三振を奪える。まだ成長の途中でやや故障が多いが、体をしっかりと作れればもう1ランク上のピッチングも期待できる。

作新学院の鈴木萌斗選手は、180cmの左打ちの外野手で、打撃でもしなやかに広角に打ち分け、塁に出ると果敢に走っていく。守備でも俊足と柔らかい守備で捕球をする。プロから声高にドラフト何位というような評価は出てこないが、普通に3位前後で指名されそうな選手。

その他の注目選手

白鴎大足利の北浦竜次投手は181cmの左腕で最速は145キロを記録する。大きなカーブも特徴で大型左腕として素質十分。打撃でも春季大会2本塁打でパワーもある。仁見颯人投手も140キロの速球で作新学院を完封した。秋智也選手は180cm88kgの右のスラッガーとして期待。

作新学院はエース・大関秀太郎投手が多彩な変化球でテクニカルな投球で安定感を見せる。ただし注目したいのは控えの篠原聖弥投手で186cm86kgの身体から140キロの速球を投げる。この春は5試合に先発しチェンジアップに磨きがかかった。大化けする可能性を秘める。作新学院は中島淳選手、添田真聖選手など打線も良い。

石橋高校の竹内海斗投手はスリークォーターだが球の出どころが見にくいフォームで、強豪を倒す力が十分ある。国学院栃木の大須賀哲太投手は故障をしていたが140キロの速球が魅力の投手。

佐野日大の中山貴史選手は左のスラッガー候補で勝負強い打撃がある。鴨志田陸久選手は50m6.0秒の足で1番に入り打線が出来上がった。矢板中央の田鎖颯選手は春3本塁打に打率.636を記録している。

2017年度-高校生-栃木県のドラフト候補リスト


PAGE TOP