高校野球・埼玉大会(2017):ドラフト注目度A

綱脇慧, 布川雄大, 西川愛也, メンディス海, 佐野涼弥, 野村佑希, 清水達也, 三上ケビン, 室賀優斗, 宮崎大輔, 山下拓馬

2017年夏の高校野球埼玉大会の注目選手を紹介します。昨年のは花咲徳栄のエース・高橋昂也投手が大活躍を見せ、U18代表でも好投を見せて高校BIG3と評価された。ドラフト会議では広島に2位指名された。またチームメイトの岡崎大輔選手がオリックスの3位指名、ライバル・浦和学院のエース・榊原翼投手が同じくオリックスの育成ドラフト2位で指名された。今年は注目される選手がいるものの、すば抜けた評価の選手はいないものの、全国的に見ても注目に値する選手が多く、ドラフト注目度はA。

地区

昨年はエース・高橋投手が手が付けられないピッチングを見せ、決勝でも聖望学園を6-0で完封し優勝した。甲子園では大曲工、樟南に勝利し3回戦に勝ち進んだが、作新学院に6-2で敗れた。

秋は浦和学院が優勝、準優勝に花咲徳栄と2強がそろった。ベスト4には浦和実と春日部共栄。しかし関東大会では横浜高校、慶應義塾に共に大敗し、センバツ出場はならなかった。

春も浦和学院が優勝、花咲徳栄が準優勝。ベスト4に市川越、春日部共栄が入った。関東大会では浦和学院が2年生エースの好投で優勝を納め、花咲徳栄は初戦で早稲田実と対戦し敗れたが、2年生4番や投手陣の力を見せた。

総合力の浦和学院、飛び抜けた素質を持った選手がいる花咲徳栄の2強に、安定した力を見せる春日部共栄が優勝候補だが、昨年、浦和学院を破った市川越や実力のある聖望学園、名将率いる埼玉栄、好投手のいる武南、新鋭の叡明なども2強打倒に燃える。

注目選手

花咲徳栄の清水達也投手は最速149キロを記録する180cmの右腕投手、制球に課題があり、リリーフで登板している。上半身で投げ下ろすようなフォームで、もっと下半身主導で投げられるようになれば球速もコントロールも出てくるのではないかと思う。

武南の布川雄大投手は187cmの大型右腕で、最速は146キロを記録する。春の大会では8球団のスカウトが訪れ、角度の良い球を評価した。大型右腕として注目の投手。

その他の注目選手

花咲徳栄のエースは綱脇慧投手。1年時から高橋昂也投手の次のエースと期待されていたが、正直もう一つ伸びてほしい所だった。西川愛也選手は軽いスイングでスタンドに放り込める技術のあるバッティングをする。2年生の野村佑希選手がポスト清宮と高い評価を受ける中で、西川選手も個人的に高く評価をする。

叡明はこの春の練習試合で特大のホームランを放ち注目された三上ケビン選手と鬼肩と言ってもよい室賀優斗捕手が注目、共に184cmの身体がありパワーを持つ。

春の王者・浦和学院は、2年生の佐野涼弥投手のキレのあるピッチングが光る。小島投手、江口投手と左腕投手が活躍するチームでそれ以上と評価を受ける。来年の注目投手の一人になりそうだ。188cmから140キロを投げる渡邉勇太朗投手もタイプの全く違ったエース候補で佐野投手と競い合いたい。

市立川越のメンディス海投手は技巧派左腕でコントロールも良い。埼玉平成の木田将太朗投手は140キロの速球を投げ、春もホームランを放つなど長打力もある。大宮東の菅原隆史投手も142キロを記録するという。

早大本庄の山下拓馬捕手は184cm90kgの身体があり、セカンドまでの送球は1.85秒の強肩がある。早稲田大に入ってから注目されるかもしれない。川越工の宮崎大輔選手は痛烈な打球を打つサードで、投げても143キロを記録する身体能力の持ち主。

2017年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP