高校野球・西東京大会(2017):ドラフト注目度A

清宮幸太郎, 野村大樹, 櫻井周斗, 金成麗生, 米原大地, 井上大成, 吉田永遠, 小玉佳吾, 深澤史遠, 日置航

2017年夏の高校野球西東京大会の注目選手を紹介します。昨年は日大三の坂倉将吾捕手が広島カープのドラフト4位で、また聖徳学園の左腕・長谷川宙輝投手が福岡ソフトバンクの育成ドラフト2位で指名された。今年は1年時から注目された清宮幸太郎選手がおり、ライバル校にもプロが注目する選手がいる。ドラフト注目度はA

地区

昨年は早稲田実を下した八王子が決勝でも東海大菅生を下し甲子園出場を果たした。しかし全国の壁は厚く、甲子園では1回戦で日南学園に1-7で敗れた。

東西東京が混戦の秋の東京大会だったが、優勝は早稲田実、準優勝は日大三、ベスト4位には国士舘と日野が入った。早稲田実と日大三の決勝の大激戦と、清宮選手の5三振は大いに話題となった。春の東京大会も早稲田実と日大三が勝ち上がり、秋同様に大激戦の末、早稲田実がサヨナラで勝利した。関東大会では早稲田実は2回戦で敗れ、日大三はベスト4入りした。

早稲田実と日大三は2強は全国的にも注目される戦力を持っている。ただし早稲田実は投手の課題があまり解消されない状態で夏まで来てしまった。それでも猛打で勝ち上がって行き、終盤の逆転など勝負強い戦いを見せる。2強に対抗できるのは国士舘か。戦力的に2強にように大きく名前が挙がる選手はいないが、安定した強さを見せる。打倒早実なるか。

その他東海大菅生、昨年王者の八王子、日野などが続くが、八王子は昨年以上に強力な投手を持ち、2連覇を狙う。

注目選手

高校通算103本塁打を放っている早稲田実の清宮幸太郎選手は、もう何もいう事はない。後の注目は進路の発表という事になる。U18代表にも問題なく選出されるだろう。また早稲田実2年生の野村大樹選手の能力はずば抜けている。既に来年の進路が注目される。

もう一人、怪物となった選手がいる。日大三の金成麗生選手は昨年秋は打撃で注目されていたが、粗さもありセンバツでも結果を残せず評価は上がらなかった。しかし春にマウンドに上ると左腕で193cmから150キロの球を投げ、一気に評価が高まった。これからどこまで伸びていくのか楽しみ。

そして日大三のエース・櫻井周斗投手は昨年秋は145キロの速球とスライダーを投げる左腕で清宮選手から5三振を奪い投手として注目されたが、この春は投手として調子が良くなく、逆に早稲田実との決勝でも見せたようなホームランを見せ、打撃で注目されるようになっている。

その他の注目選手

八王子の米原大地投手は180cmの右腕で147キロを記録する。スライダーのキレも抜群で三振を奪う必殺球となり、また、90キロ台のスローカーブを織り交ぜるなど肝が据わった投球をする。

駒大高校の吉田永遠投手は183cmの左腕で球速も140キロを超えプロが注目している。この春は3回戦で創価を完封、早稲田実戦では清宮選手にホームランを浴びたが、将来は清宮選手と上のステージで対戦しているかもしれない。

東海大菅生は速球派の投手を5人揃えているというが、小玉佳吾投手は180cmから142キロを記録し、打者としても能力の高さを見せる。国士舘高校には186cmのエース・深澤史遠投手がいる。140キロを記録する力のある投手。

早稲田実の2年生・雪山幹太選手は2番バッターながら清宮選手の前で思い切りのよいスイングで長打を打つ。日大三は外野手の井上大成選手が50m6.0秒の足と遠投115mの肩を持ち、遊撃手の2年生・日置航選手も打撃や守備でセンスの高さを見せる。

東村山高校の柴田大輔投手は180cmから135キロの球を投げ、明治学院東村山には140キロを投げる澤柳亮太郎投手と、キレの良い球を投げる後藤大賀投手がいる。明大中野八王子の後山宗一郎投手なども好投手として挙げられる。

2017年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト


PAGE TOP