高校野球・山梨大会(2017):ドラフト注目度C

小野寺瑞生, 亀田啓太, 沖野谷翔太, 渡部雄大, 栗尾勇摩, 五十嵐寛人, 辻広貴, 吉松塁, 雨宮久也, 松尾勇斗, 坂本司

2017年夏の高校野球山梨大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは指名された選手はいませんでしたが、東海大甲府の菊地大輝投手や松葉行人投手、松岡隼祐選手などの選手たちが躍動した。今年は隠し玉的存在がいるものの全体的に候補が少なく、指名確実と言われる選手もいないので、ドラフト注目度はC

地区

昨年は山梨学院が東海大甲府に12-5で勝利し甲子園出場を決めた。甲子園では長崎商に勝利したものの2回戦でいなべ総合に敗れた。山梨学院は秋も今年春も県大会を制し連覇をしているが、昨年秋の関東大会は2回戦で敗退、今年春は初戦で敗れている。

昨年秋の準優勝は市川、ベスト4に日本航空と帝京三、今年春は駿台甲府が準優勝、東海大甲府と日本航空がベスト4だった。

山梨学院が優勝候補といえるが、戦力を整えてきた東海大甲府、安定した力を見せる日本航空、接戦を制する駿台甲府に実力校の帝京三など私学に有力校がそろう。

注目選手

ドラフトで指名確実というような選手は、今のところいない。

その他の注目選手

甲府西の辻広貴投手は183cm80kgの身体から最速145キロの速球を投げ、山梨NO.1の声も上がる。野球では有名ではない高校からの楽しみな投手に注目したい。

山梨学院はたくさんの好投手が揃っているが、185cm82kgの栗尾勇摩投手は体の大きさがあり、141キロの速球を投げる。しかしまだエースではなく素材型の投手。エースの吉松塁投手は178cm78kgのバランスのとれた左腕で、安定したコントロールもありエースとして活躍する。また野手では強肩強打俊足の3拍子揃った五十嵐寛人選手を中心に清水玄司選手や栗尾選手が主軸を打ち、俊足の広瀬巧真選手もチャンスを作る。

東海大甲府は亀田啓太捕手が強肩捕手として注目され、バッテリーを組むのは中学時代から注目された2年生の小野寺瑞生投手。しかし山梨学院大にコールド負けをするなど、球の力はあるものの投球全体は成長の余地がある。同じく2年生の渡部雄大投手も179cmの左腕で多彩な変化球を見せる。他にも強肩俊足の沖野谷翔太選手や橋本叡諄選手などいるが、2年生の濱将乃介選手が打者として成長している。

駿台甲府は雨宮久也投手が抑えのエースとして2年生の先発陣に安心感を与える。140キロの力のある球は目を見張る。日本航空の松尾勇斗投手も最速141キロを記録する。181cmの右腕で将来も期待したい。

甲府工業は2年生の坂本司選手が4番を打つ。184cm78kgの右のスラッガーで、春は山梨学院戦でホームランを放った。来年のドラフト候補として注目したい。

2017年度-高校生-山梨県のドラフト候補リスト


PAGE TOP