高校野球・愛知大会(2017):ドラフト注目度B

香村篤史, 原悠莉, 鵜飼航丞, 磯村峻平, 伊藤稜, 伊藤康祐, 岡野竜也, 安田怜央, 向井悠人, 三輪一真, 矢部優宗

2017年夏の高校野球愛知大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは東邦の藤嶋健人投手が中日に6位で指名された。今年はこれだけ注目されている選手はいないものの、各高校に楽しみな選手がそろっており、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は東邦が優勝し甲子園でも大逆転勝利で話題となった。秋は中京大中京、今年春は至学館が優勝し混戦模様。桜丘、東邦、愛工大名電なども上位に入っており力を見せる。

注目選手

中京大中京の鵜飼航丞選手は高校通算53本塁打を放ち、早稲田実との招待試合でも2本塁打を放った。U18代表候補にも入り、右の大砲として注目される。

その他の注目選手

投手で注目されるのは中京大中京の伊藤稜投手、早稲田実戦で5回を投げて8奪三振の好投を見せた141キロ左腕、チームでは144キロを投げる183cm右腕の香村篤史投手、143キロを投げる左腕の磯村峻平投手もいる。

名古屋経済大高蔵の岡野竜也投手は182cmから145キロの速球を投げ、県屈指の速球派、桜丘の原悠莉投手は175cmから146キロを記録しプロも注目している。愛知啓成の稲吉翔太投手も小柄ながら145キロを記録する。

豊川の安田怜央投手もしなやかな腕の振りから141キロを投げ、豊明の大矢圭一郎投手もここにきて急成長を見せる。享栄の早矢仕飛希投手は182cm90kgの大型右腕で最速は138キロ、もっと球速は伸ばせそうだ。菊華高の浅見一心投手も140キロの力のある球を投げる。

野手では愛工大名電の向井悠人選手が強肩強打の捕手で、鋭い打球を放っている。愛知高の三輪一真選手は50m5.9秒の俊足の外野での広い守備範囲を見せ、リードオフマン候補としてドラフトでの指名があるかもしれない。中京大中京の伊藤康祐選手は外野守備と足もありU18代表候補に選出された。

愛知啓生の大矢聡貴選手は189cmの体がある左の大砲、豊川高の高橋佑成選手も2年から4番を打ち通算20本塁打を越える右の大砲、矢部優宗選手は投げても139キロを記録し抜群の守備を見せる遊撃手として注目される。

高浜高の戸田凌斗捕手は165cmと小柄だがセカンドまで1.8秒台の強肩と4番を打つ打撃があるという。至学館高校の鎌倉裕人選手も長打力のある選手。

2017年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト


PAGE TOP