高校野球・岐阜大会(2017):ドラフト注目度B

矢野太一, 大滝竜弥, 岡本晃史, 池戸昇太, 奥村康平, 大橋力也, 伊藤匡輝

2017年夏の高校野球岐阜大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは中京高の今井順之助選手が日本ハムから9位指名を受けた。今年は全国的に注目されている選手はいないものの、各高校でプロのスカウトの姿が見られており、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は中京高校が甲子園に出場したが、秋は多治見vs麗澤瑞浪という決勝戦となり多治見が優勝、センバツに出場を果たした。今年春は大垣日大が優勝し中京学院大中京(中京高)が準優勝と強豪が強さを見せた。

注目選手

ドラフトで必ず指名されそうな選手は今のところいない。

その他の注目選手

投手では岐阜各務野の大滝竜弥投手にプロが注目している。182cmのすらっとした左腕で最速は143キロを記録、この春は大垣日大と3-4の接戦を演じた。

県岐阜商の岡本晃史投手は178cm84kgのがっしりとした体だがしなやかな腕の振りで141キロの球を投げる。美濃加茂の池戸昇太投手も切れの良い球を投げる左腕でプロのスカウトが注目しているという。

多治見の奥村康平投手も181cmから140キロの速球を投げるが、制球の課題などで2番手投手。センバツでは故障で出場出られなかったが、出られていたら報徳戦の大敗も抑えられたかもしれない。加茂高校の矢野太一投手は投打に注目され、投げても140キロの重い球を投げる。岐阜聖徳学園の大橋力也投手は肩を故障しているようだが198cmから142キロを投げる選手とのこと。故障が治ったらどんな投球を見せるのか楽しみ。中京学院大中京の伊藤匡輝投手は173cmと小柄だが最速144キロを記録しているという。

打者では大垣日大の浦野虎ノ介選手がスイングスピードが速く、将来が期待される。

2017年度-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト


PAGE TOP