高校野球・三重大会(2017):ドラフト注目度B

渡辺啓五, 宮原大樹, 岡林飛翔, 岡村光, 水谷翼, 村上健真, 鈴木貫太朗, 前川怜, 岡井康人, 中川拓紀

2017年夏の高校野球三重大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はいませんでした。そして昨年より2年生の存在が注目されていました。今年はその2年生が3年生となりましたが、スカウトが自信をもって上位候補に推せるような投手にはなりきれていない感じ、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏はいなべ総合が甲子園に出場、秋は海星がそのいなべ総合や近大高専、菰野に勝利して優勝しました。今春は近大高専が優勝し津田学園が準優勝、いなべ総合はベスト8にも入れませんでした。

注目選手

昨年から注目を集めている151キロ右腕、菰野の岡林飛翔投手は春の県大会で10球団12人のスカウトが集結してその投球をチェックしました。しかし投球内容は好不調の波が激しく、この夏の投球次第という事になっていそうです。

また宇治山田商の186cm右腕・宮原大樹投手も注目度が高く、練習試合で5球団のスカウトが視察をしています。こちらも春は結果を出せていませんが、指導して成長できそうな点がありそうで、スカウトも育つ可能性が高いと評価しているようです。

その他の注目選手

投手ではいなべ総合の渡辺啓五投手も素質なら二人に並ぶと評価されていた。しかし故障が多く、エースになり切れていない所があり、最後の夏に任せられる投球ができるかに注目したい。左で140キロを投げる赤木聡介投手は安定感があり変化球も多彩で、やはり赤城投手がエースか。

菰野高校も村上健真投手が176cmの左腕投手で、140キロ近い速球を投げ、変化球でストライクを取れる安定感を見せる。津田学園の水谷翼投手も球速はまだ伸びていないが182cm88kgの右腕で成長が期待されている。

皇學館高校の鈴木貫太朗投手は180cm81kgの右腕で最速140キロの速球とスライダーで三振を奪える。鈴鹿高校の2年生・前川怜投手は187cmから141キロの速球を投げ、来年は三重の中心選手となるか。

野手では桑名工の岡村光選手が188cm95kgの右のスラッガーでバットが非常に小さく軽く見える感じ、守備に課題があるが将来が楽しみ。桑名工では岡井康人選手も外野からの強肩を見せ、投げてもリリーフエースとして活躍する。

宇治山田商の中川拓紀選手は181cmの大型遊撃手で、守備の動きと強いスローイングにプロが注目している。

2017年度-高校生-三重県のドラフト候補リスト


PAGE TOP