高校野球・新潟大会(2017):ドラフト注目度C

鈴木裕太, 川村啓真, 西村勇輝, 竹林楓也, 菊地大稀, 綱島龍生, 稲垣豪人, 平野司, 成田仁, 荒井颯太, 馬場洋介

2017年夏の高校野球新潟大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はおらず、1年生、2年生の名前が取り上げられるなどしていました。今年はプロのスカウトが注目する投手が登場したものの、全体的に候補者は少なく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は中越高校が甲子園に出場、昨年秋と今年春は日本文理が優勝し実力の高さを見せている。村上桜ケ丘、中越、新潟明訓、関根学園なども強さを見せている。日本文理は甲子園に14度導いた名将・大井監督が最後の指揮という事で注目される。

注目選手

佐渡高校の菊地大稀投手は185cmの右腕で最速145キロを投げる。春には8球団のスカウトが視察に訪れるなど注目度が高く、投球フォームなどでも非常に高い評価をされているようだ。

その他の注目選手

日本文理は1年生で4番を打った川村啓真選手や、飯田涼太選手、中学時代にシニアの日本代表だった堤俊輔選手、春に4番を打った松木一真選手が並び、141キロを投げるエースの稲垣豪人投手、140キロを投げる183cm右腕の西村勇輝投手、そして2年生で故障をしているものの148キロの速球の復活が待たれる鈴木裕太投手など戦力が充実している。

糸魚川白嶺の綱島龍生選手は俊足で強肩の遊撃手で、足は50m5秒台、肩は投手として140キロも記録している。プロ複数球団が注目をしており指名の可能性がある。新潟江南の平野司投手は185cmの左腕投手で、球速はまだ130キロ台ながら角度のある球で三振を奪える。

その他に五泉高の成田仁選手は投手では変化球が多く、野手としても遊撃手として出場し4番として長打も打つ。加茂暁星の2年生・竹林楓也投手は練習試合で140キロを記録している181cmの期待の右腕。

関根学園の荒井颯太選手は190cm93kgの主砲で、飛距離十分の選手。糸魚川の馬場洋介選手は180cm87kgの選手だが強打が魅力で、内外野をこなす器用な選手でもある。

2017年度-高校生-新潟県のドラフト候補リスト


PAGE TOP