高校野球・長野大会(2017):ドラフト注目度C

工藤陽平, 青柳真珠, 直江大輔, 権田琉成, 小金澤飛湧, 高橋聖人, 塩澤太規, 和田直人, 藤井大地, 宮尾将貴, 関洸司朗

2017年夏の高校野球長野大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はいませんでしたが、素材型の選手が揃ていました。今年も各高校に好投手がいて楽しみなのですが、特に注目されている選手や選手の数などは多くなく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は佐久長聖が甲子園に出場をしたが、秋は上田西、今年春は小諸商が優勝、長野商、東海大諏訪などが戦国乱世を戦う事になりそう。

注目選手

松商学園の2年生・直江大輔投手は、183cmの長身から腕のしなりで回転の良いストレートを投げ、球速も142キロを記録する。変化球も多彩でコントロールもよく、すでにプロ野球のスカウトがマークをしている。

その他の注目選手

松商学園の青柳真珠投手は183cmから最速145キロの速球を投げる。制球の課題があり素質型だが将来が期待される。

上田西も3年生と2年生の注目投手がいる。3年生の工藤陽平投手は体ができてきて球速が145キロを超えた。また同じく3年生の権田琉成投手も142キロを記録し、そして2年生では185cmから143キロの速球を投げる小金澤飛湧投手がおり、豪華投手陣では松商学園に並ぶ。

今年春優勝の小諸商には、高橋聖人投手というエースがいる。小柄だが143キロの力のある球を投げる。佐久長聖は昨年夏の決勝でいきなり先発を任され、9回5安打9奪三振2失点の好投で甲子園出場を決めた塩澤太規投手が143キロの速球を投げる。長野商の和田直人投手は140キロの速球と鋭いチェンジアップで三振を奪う。創志学園の伯耆原巧投手が140キロ投げ、右肘痛からの復活が期待される。

野手では松商学園の藤井大地選手がしっかりとした体のある右のスラッガーで、飛距離は県屈指。東海大諏訪の宮尾将貴選手は線は細いものの春3本塁打を記録、飯山高の関洸司朗選手は83cm82kgの身体があるが、足も速い身体能力の高い選手。松本第一の新山進也選手も1年秋から4番を任されホームランを放っている。

2017年度-高校生-長野県のドラフト候補リスト


PAGE TOP