高校野球・富山大会(2017):ドラフト注目度C

森圭名, 伏見拓真, 山田龍聖, 沢田龍太, 島村功記, 杉下裕哉, 中島幹太, 平木克実

2017年夏の高校野球富山大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はいませんでしたが、隠し玉としてプロのスカウトが注目している選手がいました。今年は2年生に期待の選手がいますが、全体的に候補は少なく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は富山第一が富山商に8-0で勝利して甲子園に出場、昨秋と今春は富岡商が優勝し、強豪の力を見せている。富山東、砺波工や富山商、富山第一など優勝を狙えるチームは多いものの、高岡商が安定している。

注目選手

富山第一の森圭名投手は最速146キロの速球を投げ、昨年夏の甲子園でも2年生ながら好投を見せた。この春は右肘痛で思うようなピッチングはまだ見られていない。スタミナや馬力があり、コントロールも比較的よく変化球も多彩、プロのスカウトも注目している。

その他の注目選手

高岡商は安定感の土合伸之輔投手、190cmの伏見拓真投手など3年生も注目されるが、2年生の山田龍聖投手が、早くも来年のドラフト注目選手となっている。182cmの左腕で春の富山大会では奪三振率15.95と驚異的、148キロを記録したという話もある。

富山商は2年生の183cm右腕・沢田龍太投手が成長が期待されている。氷見の杉下裕哉投手は144キロの速球を投げる。

高岡商の島村功記選手は打撃でも守備でも安定感がある。砺波工の平木克実選手は180cmの捕手で、キャッチングやリードなどに定評がある。富山国際大付の中島幹太選手は小柄だが強肩強打の捕手として注目される。

2017年度-高校生-富山県のドラフト候補リスト


PAGE TOP