高校野球・福井大会(2017):ドラフト注目度B

上中尾真季, 牧丈一郎, 北川智也, 山岸旭, 石本太一, 城野達哉, 山内涼平

2017年夏の高校野球福井大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトでは、敦賀気比の山崎颯一郎投手がオリックスに6位で指名された。今年はここまで注目され続けた選手はいないが、全国NO.1の球速を誇る投手がおり。ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は敦賀気比がまさかの初戦敗退、北陸が優勝し甲子園に出場した。秋は福井商が優勝したが、北信越大会で福井工大福井がセンバツ出場を手にした。今年春は啓新が優勝した。敦賀気比は秋も春もベスト4位入りしていない。

注目選手

啓新の牧丈一郎投手は181cm80kgの右腕で、最速152キロを記録する。公式戦初登板が2年生の秋という遅咲きの投手だが、この半年から1年間で一気に注目される投手となった。実戦経験がまだ少ないが、この夏にどんなピッチングを見せるか注目したいし、多くの球団のスカウトが集まるだろう。

その他の注目選手

福井商のエース・石本太一投手は174cm74kgと大きくないが、143キロの速球を投げ、福井を代表する投手。キレのあるスライダーとのコンビネーションは必見。

福井工大福井の摺石達哉投手は技巧派左腕、野手でも打撃センスの良い北川智也選手がおり、そして山岸旭は右のスラッガーとして長打力もアベレージを残せる確実性もある選手。

武生商の城野達哉捕手はセカンドまで1.8秒の強肩に、俊足と巧打でプロが注目する選手。若狭の山内涼平投手は130キロ中盤の速球をコントロールよく投げる。敦賀気比の上中尾真季選手は1年時からチームを引っ張る選手で、走攻守に野球センスの高さを見せる選手。チームの立て直しに貢献したい。

2017年度-高校生-福井県のドラフト候補リスト


PAGE TOP