高校野球・滋賀大会(2017):ドラフト注目度C

神村月光, 後藤克基, 武井琉之, 香水晴貴, 木田亮平, 小幡駿, 森田慧, 森勇貴, 向井地大, 北村恵吾

2017年夏の高校野球滋賀大会の注目選手を紹介します。昨年は近江高の京山将弥投手が甲子園でも好投を見せ、ドラフト会議で横浜DeNAが4位で指名をしている。今年は期待された選手がもう一皮むける所まで行かなかった印象で、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は近江高校が優勝、秋は滋賀学園が優勝し、センバツ出場も果たした。今春は彦根東が優勝し、準優勝に草津東が入った。滋賀学園が投手陣が厚く、捕手もしっかりとしており本命視されるが、好投手のいる伊吹や実力の高い近江、北大津などもいる。

注目選手

今のところ、ドラフト会議で指名確実と言えそうな選手はいない。

その他の注目選手

滋賀学園の神村月光投手は2年時に144キロの速球を投げ、甲子園で完封勝利など活躍を見せた投手。しかしその後、調子を落とし、この春のセンバツでは腰痛のため欠場した。春の大会で復活の投球を見せたともいい、その状態が気になる。滋賀学園では捕手の後藤克基選手もプロが注目、センバツでもう少しアピールが欲しかったが、実力の高さは評価されている。また武井琉之選手が外野を守るが投手として144キロを投げる。

近江の香水晴貴投手はリリーフで登板し常時140キロの速球を投げる力のある投手。伊吹高校の木田亮平投手は181cmの本格派左腕で、球速は135キロだが伸びるストレートとキレの良い変化球を投げる。比叡山の井本大悟投手も130キロ中盤の速球を投げる左腕投手。虎姫高校の小幡駿投手も137キロのキレの良い球に多彩な変化球を投げる。

野洲の森田慧選手は180cm90kgの右の大砲で、パワーはもちろんだがミートもうまく、打撃センスを感じさせる。八幡高の細尾拓矢捕手は強肩と俊足があり、身体能力の高さを感じさせる。八日市の森勇貴選手もセンスある打撃が持ち味。

近江高校の向井地大選手は足があり広角に打つバッティングも良い。近江の2年生・北村恵吾選手は1年から4番を打つ選手で180cm85kgの身体は迫力十分で打球にも迫力がある。

2017年度-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP