高校野球・京都大会(2017):ドラフト注目度B

岡田悠希, 小寺智也, 藤山大地, 北山亘基, 松田憲之朗, 本城寛人, 阿部大弥

2017年夏の高校野球京都大会の注目選手を紹介します。昨年は京都翔英の石原彪選手がフルスイングに注目され東北楽天にドラフト8位で指名され、また京都国際の清水陸哉選手も強肩強打の選手として、福岡ソフトバンクの育成ドラフト5位で指名された。今年は1年生から期待されている選手や素質を高く評価されている選手がおり、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は京都翔英が優勝、秋は東山が優勝し京都翔英が準優勝。そして今年春は龍谷大平安が優勝、綾部が準優勝した。乱世といえる中で龍谷大平安は選手層の厚さを見せる。

注目選手

龍谷大平安の岡田悠希選手は、1年時に清宮幸太郎選手と並ぶ存在として注目された。しかしその後、伸び悩み、今ではホームラン数などでは差をつけられた。それでも体の大きさがあり、左打席からの強打にはプロのスカウトも注目を続ける。

その他の注目選手

龍谷大平安の2年生・小寺智也投手は中学時代にU15代表に選出された投手で、抜群の制球力でインコースにズバッと投げ込む。球速も140キロを超え、鋭いスライダーを投げる。

福知山成美の藤山大地投手は昨年秋から故障をしていたものの、最速145キロの速球を投げる。京都成章の北山亘基投手は182cmの右腕で球速は142キロを記録、将来注目される投手になるかもしれない。

打者では龍谷大平安の2年生・松田憲之朗選手に期待が集まる。力強いスイングだが、ヒットゾーンが広く、外角もきれいに外野に運ぶ。大谷高校の本城寛人選手も広角に打つ打撃があり、守備や足も含めてプロが注目している。京都翔英の阿部大弥選手が投手としても139キロを記録する強肩遊撃手、足もあり長打力もある選手として注目される。川本万葉選手は高校通算30本塁打の強打者。

京都すばるのコールマン開選手は50m6.2秒の足に遠投100mの潜在能力を持つ選手。鳥羽の島部顕投手も139キロの球を投げる。東山の田中将人選手は昨年秋にホームラン連発で活躍を見せた。

2017年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト


PAGE TOP