高校野球・大阪大会(2017):ドラフト注目度A

安田尚憲, 徳山壮磨, 藤原恭大, 山本ダンテ武蔵, 若林将平, 宮本大勢, 竹田祐, 岩本久重, 根尾昂, 中野翔哉, 植田健人

2017年夏の高校野球大阪大会の注目選手を紹介します。昨年は履正社の寺島成輝投手と山口裕次郎投手、大阪桐蔭の高山優希投手などの左腕投手が注目され、寺島投手は東京ヤクルトのドラフト1位、高山投手と山口投手が北海道日本ハムの5位と6位で指名された。山口投手は入団せずに社会人のJR東日本に進んだ。今年は履正社・大阪桐蔭に逸材が集まるほか、昨年度ほどではないものの、各高校に選手がいる。ドラフト注目度はA

地区

昨年夏は履正社が甲子園に出場した。秋は上宮太子が優勝したものの、近畿大会では履正社と大阪桐蔭が勝ち上がってこの2校がセンバツに出場、両校による決勝戦が行われ、大阪桐蔭が優勝した。

春も大阪桐蔭が優勝、準優勝の大体大浪商。履正社は5回戦で東海大迎星に8-9で敗れている。

大阪桐蔭が今年無敗を目指し、充実した戦力で戦っている中で、履正社や大体大浪商、関大北陽、上宮太子、金光大阪などがどのように立ち向かっていくのかが注目される。

注目選手

履正社の安田尚憲選手は現在高校通算59本塁打、清宮選手がスバ抜けているが、例年であればドラフト1位の注目の目玉選手になっているかもしれない。大きな体からしっかりと外野に弾き返す。清宮選手に次ぐ高校生スラッガーの地位は変わらない。

その他の注目選手

大阪桐蔭は根尾昂選手、藤原恭大選手、柿木蓮投手、横川凱投手など2年生が注目されるが、やはりエースは3年生の徳山壮磨投手。145キロの速球にコントロールよく球を配球し、変化球も一つ一つの精度が高い。香川麗爾投手、山本ダンテ武蔵選手、岩本久重選手など素質の高い選手が、スバ抜けて注目されないほどチーム全体のレベルが高い。

履正社も竹田祐投手や若林将平選手に、2年生の西山虎太郎選手、松原任耶選手、岡田龍生投手などがおり、大阪桐蔭の負けていない戦力を持っている。すぐにドラフト会議で指名、というタイプではないものの、将来、いずれかのタイミングでドラフト候補として注目されてくるかもしれない。

大体大浪商は毎年プロ注目投手がいるが、今年も182cm左腕の宮本大勢投手が注目されている。近大付属は2年生の大石晨慈投手が中学時代から注目されている左腕でこの夏の活躍に期待、3年生の千代七世選手も素質の高い選手。

興国の中野翔哉選手は春の大会に4試合連続5本塁打を記録、満塁弾2本などとにかくチャンスで打ちまくった。植田健人投手も180cmから140キロを投げ大阪選抜に選出された府屈指の投手で夏の台風の目となりそうだ。

上宮高校の人見健太投手は180cmの大型アンダースロー、太成学院大高の田中祐真選手は強いリストでホームランを打て、足もある選手。阪南大高の金田真弥選手は50m6.0秒を切る俊足の持ち主。

2017年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト


PAGE TOP