高校野球・兵庫大会(2017):ドラフト注目度B

山内響, 小園海斗, 西垣雅矢, 村上大芽, 猪田和希, 篠原翔太, 翁田大勢, 辻井亮汰, 山本拓実, 高松渡, 岡野佑大, 道才のあ, 吉田光一

2017年夏の高校野球兵庫大会の注目選手を紹介します。昨年は須磨翔風の才木浩人投手が阪神にドラフト3位で指名された。他にも明石商の山崎伊織投手、吉高壮投手や神戸国際大付、報徳学園に注目投手が多く、非常に高い注目度だった。今年は注目選手は多いものの、昨年ほどではなくドラフト注目度はB

地区

昨年は注目投手が揃うチームが多い中で市立尼崎が甲子園出場を果たした。秋は神戸国際大付が優勝、報徳学園が準優勝し共にセンバツに出場、センバツでは報徳学園がベスト4入りを果たした。

春も報徳学園が優勝し安定した力を見せている。神戸国際大付、育英、神港学園、明石商、社など強豪がひしめく中で、どこが甲子園出場を勝ち取るか。

注目選手

報徳学園の篠原翔太選手は、センバツで活躍し非常に注目された捕手で、強肩・強打、リードでも投手のテンポを考え、プロスカウトもセンスを感じさせると評価していた。また西垣雅矢投手は球速はもう少しだが、182cmの長身から角度のある球とフォークボールを投げ、将来が非常に期待される。そして2年生の小園海斗選手は、現在の高校生遊撃手ならこの人、という選手になり、U18代表一次候補にも選ばれた。走攻守すべてのレベルが高い。

市立西宮の山本拓実投手は167cmだが最速147キロを投げ、高校生では球速が速くても評価はあまり上がらない投手もいるが、山本投手の場合にはスカウトの評価が高い。即戦力という声もある。

その他の注目選手

神戸国際大付の猪田和希捕手も強打の選手で、昨年秋は大爆発を見せた。センバツで結果を見せられなかったが、強肩や捕手としての能力でも評価されている。また投手でも岡野佑大投手は143キロを記録、黒田倭人投手も安定した投球を見せる左腕で戦力が充実している。

東洋大姫路の山内響投手が183cmの身長から145キロの速球を投げ、市立尼崎の辻井亮汰投手も180cmから142キロを記録する。西脇工の翁田大勢投手も最速146キロを記録するパワー型速球派投手、村野工の道才のあ投手は170cmながら最速145キロを記録、社の吉田光一投手も小柄だが140キロを記録し安定感を見せる。津名高校の村上大芽投手は140キロの速球を投げ、公立の星として注目されそうだ。

滝川二の高松渡選手はとにかく足が速く、全国屈指の俊足としてプロが注目する。育英の宮田稜平選手は183cmの身体がありフルスイングを見せる。市川高の合田航輝選手もショートを守り、打撃では状況に応じた打撃を見せる。

2017年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト


PAGE TOP