高校野球・奈良大会(2017):ドラフト注目度B

松本竜也, 大西健太, 神野太樹, 太田英毅, 福元悠真, 杉田晃一, 戌亥颯一郎, 太田椋

2017年夏の高校野球奈良大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はいませんでしたが、センバツの優勝投手・村上頌樹投手の他、智弁学園の2年生に注目が集まっていた。今年はその2年生が3年となり注目されるが、全体的に注目候補は少なく、ドラフト注目度はB

地区

昨年は智弁学園が春に続き甲子園に出場、そして秋も今春も奈良を制し、一強の様子を見せている。ただし昨秋は高田商が準優勝し、近畿大会も勝ち上がって甲子園出場を果たした。また、春準優勝の奈良大付、そして強豪・天理などが智弁学園を止められるか。

注目選手

智弁学園の太田英毅選手は今春の奈良大会決勝で、0-6の劣勢で迎えた試合終盤に2打席連続3ランホームランを放ち土壇場で追いつき、チームのサヨナラ勝利につながる大活躍を見せた。センバツでもホームランを打っており、ヒットを狙って逆方向にも打てる。守備はショートよりもセカンドが良いと思うが、打てる内野手として注目される。

その他の注目選手

智弁学園では松本竜也投手が146キロを記録し、昨年エース・村上投手をしのぐスケールの大きさを見せてきた。変化球もよく総合的に能力の高い投手。福元悠真選手は長打も打てれば1番バッターとして出塁もできる。どんな選手になりたいのかわからない感じにも見えてしまうが、どんな打順にも対応する能力の高い選手。

高田商の杉田晃一投手は191cmの長身右腕で、最速は140キロを投げる。しかしまだ控え投手で実績を積みたい。エースは左腕の古川響輝投手。178cmの左腕で130キロ後半を記録してくる実力派。

奈良大付は控えの大西健太投手が145キロを記録しプロから注目されている。また戌亥颯一郎投手も捕手から転向して140キロを記録、三振を奪う球の力がある。

天理の神野太樹選手は高いアベレージを残す技術の高いバッター、長打力もありチームの中心。2年生の太田椋選手も180cmの身長があり、すでにチームの主軸を打つ。

高田高校の下浜勇太郎投手は183cmの右腕で、昨年夏の故障から復活をした。得意のカーブと伸びてくる真っすぐに期待。関西中央の稗田亮太投手は182cmから142キロの球を投げるという。

2017年度-高校生-奈良県のドラフト候補リスト


PAGE TOP