高校野球・広島大会(2017):ドラフト注目度B

2017年夏の高校野球広島大会の注目選手を紹介します。昨年は広島新庄の堀瑞輝投手が下級生時代から注目され続け、最後の夏も成長を見せてU18でもリリーフエースの活躍をみせた。ドラフト会議でも北海道日本ハムが1位指名をしている。また崇徳の松本龍憲選手も強肩と瞬足に注目され、福岡ソフトバンクの育成ドラフト6位で指名された。今年はまだ全国大会で実績はないものの、全国的に見て非常に高い評価を受けている選手がいる。ただし候補が多いという事はなく、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は広島新庄が優勝、そして新チームとなった秋も、今春も優勝し、広島の頂点に君臨している。準優勝には如水館、尾道商、広陵といったチームが入ってきており、広陵が力を見せ始めた感じもある。

注目選手

広陵の平元銀次郎投手は180cmの左腕投手で、球速は145キロを記録する。カーブ、スライダー、フォークという変化球も一級品の鋭さを持ち、U18代表の一次候補に選出された。そしてさらに注目されるのは捕手の中村奨成選手で、セカンドまで1.75秒の強肩にスカウトの目が釘付けとなり、打撃でも結果を残し、U18代表の一次候補に選出されている。この全国クラスのバッテリーが、全国大会で雄姿を見せられるか。

その他の注目選手

如水館の福嶋健矢投手は145キロの力のある球を投げる右腕で、広島屈指の好投手。広島新庄の左腕・有村綜留投手もこの春に140キロを連発し、先輩・堀投手のように3年生になり球速を上げてきた。

盈進の塚本晃士投手も145キロを記録し、大竹の臼井大翔投手も力のある140キロの球を投げ、強豪チームが恐れる。尾道商の長島虹太投手もサイドスローから130キロ中盤を記録し注目される。崇徳の白濱楓稀投手は185cmの左腕で中学時代に注目された。是非頭角を現してほしい投手。

崇徳の松埜大将選手はアベレージを残せる打撃のある捕手、市呉の新田旬希選手はセンバツでも注目された大型遊撃手、広島国際学院の土取大起選手は左のスラッガーで打球の強さが魅力。

2017年度-高校生-広島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP