高校野球・鳥取大会(2017):ドラフト注目度C

松江智史, 福本拓真, 名越耕之介, 永谷洸太, 本荘宏亮, 瀬尻昇太, 瀬戸成一郎

2017年夏の高校野球鳥取大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はおらず、注目された選手もそれほどいなかった。今年は鳥取城北に140キロを超す投手が揃い注目されるが、他の都道府県と比べると候補者は少なく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は境高校が優勝し甲子園に出場を果たした。新チームになって秋は鳥取城北、そして今年も鳥取城北が優勝し強さを見せている。境、米子東、倉吉東なども力を見せるが、鳥取城北の牙城を崩すことができるか。

注目選手

ドラフト会議で指名されそうな選手は今の所いない。

その他の注目選手

鳥取城北は昨年秋はエースナンバーを背負っていたのが140キロの速球を投げる福本拓真投手だが、今年に入り球速を急激に伸ばして142キロを記録した松江智史投手、140キロを超す速球を投げる垣内綜太投手、そして投手キャプテンとして投手陣を引っ張る大宮隆寛投手も140キロを越える。みんな身長は大きくないものの、速球派投手陣として注目される。

本格派右腕として注目されるのは倉吉東の名越耕之介投手、球速は130キロ中盤だが、177cmの身長からしっかりとしたフォームで投げる。伸びる球で詰まらせる投球をする。鳥取湖陵の永谷洸太投手は174cmの投手だが142キロを記録し県屈指の速球派投手。

倉吉東の本荘宏亮選手は187cm87kgのスラッガーでホームランも2ケタに到達した。米子東の瀬尻昇太選手も180cm82kgと体格があり、20本に迫るホームランを放ち、強肩も注目される。

鳥取城北の瀬戸成一郎選手は、チャンスに強く打ちだしたら止まらないタイプの4番バッター。八頭の北中慶史選手もパワーがある打撃があり、投げても137キロを記録する肩がある。

2017年度-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト


PAGE TOP