高校野球・山口大会(2017):ドラフト注目度C

嶋谷将平, 早稲田玲生, 荒武悠大, 畑村政輝, 仲子泰生, 大田裕介

2017年夏の高校野球山口大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はいなかったが、高川学園の山野太一投手(東北福祉大)が140キロ後半を記録し注目された。今年はプロ注目遊撃手がいるものの全体的に注目選手が少なく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は高川学園が優勝、昨年秋と今年春は宇部鴻城が優勝している。宇部鴻城の連勝が続く中で、岩国商、徳山商工などが王者打倒に燃える。

注目選手

宇部鴻城の嶋谷将平選手は180cmの大型遊撃手、打球の強さも増しておりやはり抜けている存在。プロ入りが意識できる選手。

その他の注目選手

宇部鴻城は141キロを記録した早稲田玲生投手がエースだが、143キロの荒武悠大投手も練習試合でノーヒットノーランを記録し、左腕投手陣が注目される。早鞆高校の2年生・畑村政輝投手は1年時に144キロを記録し注目されている投手。

光高校の仲子泰生投手はこの春急成長し143キロを記録、練習試合でも結果を残している。西京の大田裕介投手は腕を振り切って変化球を織り交ぜる。

2017年度-高校生-山口県のドラフト候補リスト


PAGE TOP