高校野球・香川大会(2017):ドラフト注目度C

植田理久都, 藤井拓海, 武田玄, 佐藤圭悟, 千原凌平, 西山諒祐, 大前輝明

2017年夏の高校野球香川大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はいなかったが、高松商がセンバツで準優勝、美濃晃成選手や浦大輝投手と植田響介捕手などが注目された。今年はそこまで注目されるチームもなく、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏はセンバツ準優勝の高松商を破り、尽誠学園が甲子園出場をした。昨年秋は高松商が優勝したが、この春は三本松が優勝、英明、丸亀城西、坂出などが力を見せる。

注目選手

ドラフト会議で指名の可能性が高そうな選手は今のところいない。

その他の注目選手

三本松の佐藤圭悟投手は173cmと小柄だが球速は144キロを記録、非常に多彩な変化球をコーナーに投げ分け、完成度で行けば全国屈指の投手かもしれない。春季大会でも1試合17奪三振を記録している。

打の注目選手は英明の藤井拓海選手、高校通算25本塁打の長打力があり、投げても135キロを記録する強肩、182cm88kgの身体もあり将来性十分。2年生の千原凌平選手も小柄だが中学時代から注目された打者で、高校通算15本以上を記録している。

志度高校の武田玄投手は185cm86kgと大きな体から143キロを記録し、下級生時代から注目されていた。もう一伸び欲しかったところもあるが、将来性十分。坂出高の西山諒祐投手が球速もあり変化球も多彩、丸亀城西の2年生・大前輝明投手も球速も変化球もある投手。

高松商・植田理久都選手は故障なども右ひざの大けががあったが、それを乗り越えホームランを打ち始めた。

2017年度-高校生-香川県のドラフト候補リスト


PAGE TOP