高校野球・徳島大会(2017):ドラフト注目度B

森井絃斗, 野口智哉, 前田大成, 新田大輔, 折下光輝, 藤田直仁, 豊久雄友

2017年夏の高校野球徳島大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はいなかったが、鳴門高校の左腕・河野竜生投手などが注目された。今年は全国的に注目される投手がおり、全体的に数は少ないもののスケールの大きな選手が多く、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は鳴門が強さを見せ甲子園に出場、秋は生光学園が優勝、春は徳島商が優勝をしている。鳴門渦潮が秋春準優勝で安定感がある。

注目選手

野球ではそれほど有名でない板野高校に、森井絃斗投手という150キロを投げる投手が登場した。183cm86kgの身体があり、変化球のキレも十分。既に進路について社会人に進むことを表明しているが、ドラフト1位で指名される投手になると公言している。

その他の注目選手

徳島で投打に注目されているのが、新野高校の折下光輝選手。投げては140キロのキレのある速球を投げ、打っても高校通算30本を越える。体にパワーのある選手で強肩、俊足もある。

投手では徳島北のツインタワーに注目が集まる。前田大成投手は190cm82kgの長身、新田大輔投手も183cm85kgの右腕で共に140キロを超えてきた。将来どんな風に成長していくのか楽しみな投手たち。

野手では川島高校の藤田直仁選手が187cmの遊撃手でスケールが大きい。フットワークの良い守備を見せ、森井投手から痛烈な打球のヒットを打つなど高いセンスがある。

鳴門渦潮は野口智哉選手が180cmの遊撃手で、ショートとしての見せ場である強肩を見せる。豊久雄友選手は50m5.9秒で走る足がある一番バッター。甲子園で活躍を見せた鳴門の冨士佳資選手もヒットを広角に打ち分ける。

2017年度-高校生-徳島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP