高校野球・愛媛大会(2017):ドラフト注目度B

藤原拓実, 西川泰生, 西本祥大, 山本隆偉, 森永泰希, 松本健太郎, 田中大成, 亀岡京平, 篠崎康

2017年夏の高校野球愛媛大会の注目選手を紹介します。昨年は松山聖陵のアドゥワ誠投手が甲子園でも好投を見せ、広島にドラフト5位で指名され、また、帝京五の大本将吾も福岡ソフトバンクの育成ドラフト1位で指名された。今年は昨年ほど注目される選手はいないが、145キロを超す球を投げる投手が各チームにおり、ドラフト注目度はB

地区

昨年夏は松山聖陵が優勝し、アドゥワ投手が甲子園に雄姿を見せた。秋は宇和島東が優勝したが、準優勝の帝京五が四国大会で結果を残しセンバツ出場を果たす。春は松山聖陵が優勝し、松山商、済美が続いた。

注目選手

現時点でドラフト会議で指名確実といえるような選手はいない。

その他の注目選手

今治西の藤原拓実投手が183cm83kgの身体があり、球速も146キロまで伸ばしてきた。バランスの良いフォームの評価が高い。伊予高校の西川泰生投手もこの春に146キロを記録、勢いのある球を投げる。西条の山本隆偉投手は172cmと小柄だがバネのある体から145キロを記録する。

松山城南の森永泰希投手も高校から投手を始め、球速は140キロまで記録してきた。川之江の松本健太郎投手もスリークォーターから142キロを記録し力のある投手という話。八幡浜の2年生右腕・田中大成投手は182cmからのバランスの良いフォームから141キロを記録し、来年のドラフト候補として注目される。

打者では北条の西本祥大選手が187cm97kgのスケールの大きさがある。もう一つ成長を期待していたが、いつか花開くか。済美の亀岡京平選手もフルスイングが持ち味の選手、帝京五の篠崎康捕手もがっしりとした体がある。

2017年度-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト


PAGE TOP