高校野球・福岡大会(2017):ドラフト注目度A

橋本真生, 渡邉大海, 三浦銀二, 高木渉, 古賀悠斗, 末広篤弥, 東怜央, 横尾忠孝, 柳原優太, 前田隆誠, 古川修, 橋本龍二, 福森秀太

2017年夏の高校野球福岡大会の注目選手を紹介します。昨年は九州産業の梅野雄吾投手が154キロの速球を投げ、東京ヤクルトにドラフト3位で指名されるなど注目された。今年は注目バッテリーなど多彩な選手が揃い、ドラフト注目度はA

地区

昨年夏は九州国際大付が甲子園に出場、秋は福岡大大濠が優勝し東海大福岡が準優勝、共にセンバツに出場をしている。そしてこの春は九産大九州が優勝し西日本短大付が準優勝し、この夏はセンバツ組と春の大会組が覇権を争う。

注目選手

福岡大大濠の三浦銀二投手はやはりすごい。175cm75kgの身体だが球速は146キロを記録、センバツでスタミナも実証したが、持ち前の制球力に投球術もあり、桑田真澄投手のような雰囲気を見せる。捕手の古賀悠斗選手も送球の丁寧さと強さ、そして高校通算50本塁打を越えてきて、スラッガーとしても本物と評価される。

真颯館の高木渉選手は180cmの体があり、投げては146キロを記録、打っても高校通算27本塁打、そして走っても50m5.9秒の足があり、抜群の身体能力を持つ選手として、オリックスの武田健吾選手と比較される。投打のどちらでプロで活躍していくのかがすでに注目される。

その他の注目選手

投手では自由ヶ丘の柳原優太投手が147キロの速球を投げる。故障で離脱していたが復活をしているという。常磐高校の末広篤弥投手も183cmの身長があり147キロを記録する。しっかりと粘りの投球も見せることができ総合力も高い。

九州国際大付の前田隆誠投手は183cmの大型右腕で球速も141キロを記録、昨年夏の甲子園で登板しており成長が期待されている。筑陽学園の古川修投手はキレの良いストレートに大きなカーブを投げる左腕、将来が期待される。筑紫台の吉村優希投手は142キロを記録する投手とのこと。南筑の古賀養基投手も135キロの球を投げる180cmの右腕とのこと。

西日本短大付の横尾忠孝選手と橋本真生選手、渡邉大海選手の3,4,5番は合わせて80本塁打以上をかっ飛ばしている恐怖のクリーンナップ。九州国際大付も山脇彰太選手を中心に伝統の強力打線が光る。

福岡大大堀の東怜央選手も古賀選手に続いて48本塁打を放っており、強打の主軸を担う。真颯館の橋本龍二捕手は通算28本塁打の強打に遠投115mの強肩でセカンドまで1.9秒台で投げる。

北九州高校の福森秀太選手が走攻守に能力がある遊撃手で県トップクラスと評価も、福岡工大城東の伊藤大祐選手も1年時からレギュラーで出場している強肩・長打力のある選手。

2017年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP