高校野球・長崎大会(2017):ドラフト注目度C

森伊吹, 豊村直大, 川原陸, 村川竜也, 前田瑞己, 村川大介, 大塚由智

2017年夏の高校野球長崎大会の注目選手を紹介します。昨年は佐世保工業の野元浩輝選手が東北楽天のドラフト7位で指名され、海星の永石拓武選手などが話題となった。今年はこれほどの選手がおらず、候補数も少なくドラフト注目度はC

地区

昨年夏は長崎商が優勝、秋は長崎日大、春は鹿町工が快進撃を見せた。佐世保実、佐世保工、長崎工、島原農、長崎北、長崎東とどこが勝ち上がってもおかしくない乱世。

注目選手

今のところ、ドラフト会議で指名の可能性が高い選手はいない。

その他の注目選手

清峰の豊村直大投手は185cm84kgの右腕、140キロの速球を投げるが、大きな体からしっかりと腕を振ってくる。岸川滉生投手が小柄な左腕だがキレのある球を投げる。

創成館の2年生・川原陸投手は183cm85kgの大型左腕、力のある球を投げ来年注目の投手。3年生の塚原健介投手も181cmの右腕投手。波佐見高校の村川竜也投手は身長は高くないが140キロを記録してきた。制球が課題とされている。

野手では大村工の森伊吹選手が注目される。186cmの右の大砲で、3年春に6本塁打を記録し急激にホームランを打ち始めた。あっという間に外野フェンスに届く打球に注目。

佐世保実の前田瑞己選手が、180cm92kgの身体から長打を見せ、投げても140キロを記録する。波佐見の村川大介選手は一塁まで到達が3.8秒を記録する俊足、ショートとしての守備も評価される。長崎日大の大塚由智選手も昨年から安打製造機として注目され、守備や打球の力も成長を見せる。

2017年度-高校生-長崎県のドラフト候補リスト


PAGE TOP