高校野球・熊本大会(2017):ドラフト注目度A

村上宗隆, 木本凌雅, 山口翔, 川端健斗, 田浦文丸, 正成智, 萩尾匡也

2017年夏の高校野球熊本大会の注目選手を紹介します。昨年は秀岳館が春夏に注目され、九鬼隆平選手、松尾大河選手がそれぞれ福岡ソフトバンクと横浜DeNAにドラフト3位で指名された。今年は、秀岳館だけでなく、その他のチームにもドラフト上位で注目される選手がおり、ドラフト注目度はA

地区

昨年夏は秀岳館が優勝、昨年秋も秀岳館が優勝した。秀岳館と準優勝の熊本工は共にセンバツに出場している。今春は文徳が優勝、八代が準優勝をしている。秀岳館に人材が集まっており、投手野手共に選手がそろっているが、熊本工、九州学院に一人で試合の流れを変えられる選手もいる。

注目選手

九州学院の村上宗隆選手は、高校通算51本塁打を記録する左のスラッガーで、捕手としてもセカンドまで1.8秒台の強肩を見せる。今年に入り飛距離も伸ばし、場外弾なども見せた。打てる捕手はプロにとって優先順位が高くなる。ドラフト1位候補に挙げるチームも出てきている。

熊本工業の山口翔投手が2年時から速球が注目されていたが、ここへきて151キロを記録するなどさらに伸ばし、投球内容でも成長を見せている。ドラフト上位で指名される可能性が高い。

秀岳館では左腕の川端健斗投手がセンバツで好投を見せ、早稲田実との練習試合でも清宮選手を余裕をもって仕留めるなど、実力が高い。左の即戦力としても注目されるなど、プロ志望すればドラフト中位までには消えそうだ。

その他の注目選手

秀岳館勢では、昨年から甲子園で活躍を見せている木本凌雅選手は、まだ少し打撃が粗いものの、屈指の強打者で間違いない。幸地竜弥選手、廣部就平選手、吉安雄飛選手なども長打力があり、すぐにプロとはいかなそうだが、大学などではすぐに主軸を打ちそうで、田浦文丸投手も大学で重宝されそうだ。

投手では八代の正成智選手が、捕手からマウンドに上がり、力のある球を投げる。千原台の住野賢枝投手は、熊工の山口投手と共に中学時代から注目された投手で、140キロの速球を投げる。

野手では文徳の2年生・萩尾匡也選手が、慶応義塾との練習試合で満塁ホームランを放つ活躍をみせ、3年生の中島祥吾選手も春に3本塁打を記録した。鎮西の布田剣真選手が179cm81kgの身体があり、攻守でセンスを見せる。

2017年度-高校生-熊本県のドラフト候補リスト


PAGE TOP