日大三が苦戦も、櫻井周斗選手がピンチ救う

日大三, 櫻井周斗, 金成麗生

日大三はこの日の総合工科戦に、金成麗生投手を先発させたものの、2回途中で降板する乱調だった。劣勢のまま試合が進むが、櫻井周斗選手が投打でチームを救った。

金成投手先発も

日大三はこの日、春に急成長を見せた金成麗生投手を先発に送った。しかしヒットなどで1回2アウト1,2塁のピンチを招くと、右中間の打球をセンターを守っていた櫻井選手がグラブに当てながらも落とし、3ベースとなって2点の先制を許した。櫻井選手は「風を把握していれば捕れた。準備不足です」と話した。

結局先発した金成投手はリズムに乗れず、1回1/3を投げて4安打2失点で降板した。リリーフした中村投手も5回までを無失点に抑えるが、5回1アウト2塁の場面で、櫻井投手がマウンドに上った。

櫻井投手は147キロを記録したストレートと、高校生では打てないというスライダーで2連続三振でこのピンチを抑えると、4回2/3を投げて4安打7奪三振無失点に抑える好投を見せた。また打撃でもライトオーバーのタイムリー3ベースヒットを打ち、チームは8回に勝ち越して3-2で勝利した。

試合後に疲れから大きな息をついた櫻井投手、「自分がやらかしてしまったので、負けたら生きて帰れないと思った」と全力でプレーした。昨年秋、今年春と決勝で対戦している早稲田実にぶつかるまで、負けるわけにはいかない。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

最速147キロを計測した速球と伝家の宝刀、スライダーで7三振を奪い、4回2/3を無失点の好投。同点の八回にスクイズで勝ち越し点を奪った小倉監督は「(事実上の)エラーをして、自分で投げて勝たないといけないと思ったはず」とエースの奮闘をたたえた。


PAGE TOP