夏の甲子園(2017)の見どころ~その1~ 今年のドラフト注目投手たち

山下輝, 鈴木裕太, 皆川喬涼, 川端健斗, 山田龍聖, 清水達也, 山口航輝

夏の甲子園出場を決めた選手達、その中で注目される選手など、今大会の見どころを紹介をしてゆきます。まずは1回目、注目される投手たち。

夏の甲子園BIG3

昨年は藤平尚真投手、寺島成輝投手、高橋昂也投手という、地方大会前から高校BIG3として注目された投手が甲子園に出場し、また作新学院の今井達也投手が夏の主役となった。

今年の夏の甲子園に出場する投手で評価が高いのが、木更津総合の山下輝投手、花咲徳栄・清水達也投手、秀岳館・川端健斗投手で、この3人がBIG3となりそうだ。山下投手は187cmの長身から最速149キロの速球を投げる左腕で、この夏は4回戦から決勝までの5試合を一人で投げ、準決勝の東海大市原望洋戦では金久保優斗投手との投げ合いを制し、決勝の市立船橋戦でも3失点をしたものの、要所を抑えるピッチングを見せた。昨年秋からエースとなり投手経験はまだ浅い選手だが、急成長を見せている。

花咲徳栄の清水投手も、先発エースは綱脇慧投手で清水投手はリリーフで登板し、速い球を投げるものの失点もするという感じだったが、この大会では決勝の浦和学院戦で3回ノーヒット5奪三振、先発してもふじみ野戦で6回2安打無失点と、長いイニングを投げても安定感を見せている。昨年の高橋投手同様にこちらも急成長をしている印象。

秀岳館の川端投手はセンバツで大きな変化球と140キロ中盤の速球が注目されたが、この夏はセンバツほどのキレのある球は見られず、140キロ後半を記録してきた田浦文丸投手の安定感が光った。それでも決勝の九州学院戦では先発して6回3安打9奪三振1失点、早稲田実との招待試合で清宮選手に余裕をもって対戦するなど、レベルは1ランク上のところにいる。

この他の注目したい投手

この3人に割って入ってくるのが、前橋育英の皆川喬涼投手かもしれない。180cm82kgの右腕だが地方大会で146キロ、149キロと球速を急速に伸ばして注目された。群馬大会では決勝の健大高崎戦で3回で降板し、あと一歩という感じもするが、夏の甲子園で150キロを狙える投手の一人。U18一次候補入りしている前橋育英の丸山和郁投手は、故障の影響もあり不安視されていたが、健大高崎戦で4回から9回までの6イニングを4安打2失点に抑え、さすがの投球を見せた。

中京大中京は招待試合で清宮選手を相手に素晴らしい球を投げていた伊藤稜投手、この夏のエース・磯村峻平投手、そして140キロ中盤を記録する183cm右腕の香村篤史投手などがいる。大阪桐蔭も徳山壮磨投手に柿木蓮投手、根尾昂選手も140キロ中盤を越えてくる。

二松学舎大付の市川睦投手も急成長を見せた左腕の一人、182cm83kgと角度もあり、140キロ台の伸びのあるストレートに一通りの変化球を投げる。昨年秋から本格的に投手となってから、昨年エースの大江投手に続く存在まで成長をした。

東海大菅生・松本健吾投手も140キロ中盤を記録できる投手だが、期待されながら故障などでエースの座を掴めていなかった。西東京大会で早稲田実を相手に冷静な投球を見せ、変化球のキレの良さも見せた。

松商学園の青柳真珠投手は183cmの身長がある球速も140キロ中盤を記録する。山梨学院の栗尾勇摩投手も185cmの身長があり140キロを超えてくる。藤枝明誠の久保田蒼布投手はU18にも選出されたサイドスローで、チームを甲子園に導いた。日本航空石川の佐渡裕次郎投手も144キロを投げる。広陵の平元銀次郎投手は180cmの長身左腕で、低い位置からリリースされる140キロ中盤の速球がありプロが注目する。三本松の佐藤圭悟投手も招待試合で清宮選手を抑えて注目される。140キロ台を記録する。

下級生

2年生では明桜の山口航輝投手が注目される。181cm85kgの体から146キロの球を投げ、秋田大会では準決勝で大曲工の藤井黎來投手と投げ合い、9回4安打10奪三振で完封している。正確も投手向きで非常に期待されている。

横浜の板川圭矢投手は技巧的なピッチングができ度胸もある。また1年生の及川雅貴投手は中学時にNO.1投手と評価され、この夏1年生でデビューした。日本文理の鈴木裕太投手は最速148キロの速球を投げる。故障の影響がありリリーフでの登板となっており決勝では2失点をしたものの準決勝では2回をノーヒットに抑えた。

高岡商・山田龍聖投手はプロのスカウトから「素材としては森田駿哉よりも上」とドラフト上位候補として注目された投手と比較される左腕、6月に148キロを記録したようでかなり成長をしている。富山大会決勝でも先発し9回5安打9奪三振2失点で完投勝利した。明徳義塾・市川悠太投手はサイドスローで安定感を馬淵監督が評価、聖心ウルスラの戸郷翔征投手も2年生で143キロを記録している。

興南は1年生の宮城大弥投手がキレのある140キロを超すキレのある球を投げ、沖縄大会決勝では9回13奪三振1失点完投、22回1/3を投げて34奪三振を記録している。1年生の怪物候補として注目されそうだ。

投球内容によっては、2年生、1年生の方がスケールが大きいと評価されるかもしれない。

2017年高校野球ドラフト番付
第99回(2017)高校野球選手権大会の出場校と注目選手


PAGE TOP