前橋育英の3投手が140キロ越え、飯島大夢選手がホームラン

根岸崇裕, 吉沢悠, 皆川喬涼, 丸山和郁, 飯島大夢選

前橋育英は山梨学院に12-5で勝利した。140キロカルテットのうちこの日は3人が登板、3人とも140キロを超えた。また4番を打つ飯島大夢選手が左手首の骨折をしながら甲子園のスタンドにホームランを放った。

140キロカルテット

前橋育英の140キロカルテットがその力を見せた。先発した149キロ右腕・皆川喬涼投手はこの日は147キロを記録、4回で6つの四球を与え4回には3つの四球を与えて降板をしたものの、4回2安打7奪三振と球の威力を見せつけた。

2番手で登板したのは昨年秋のエース・吉沢悠投手で、この日は142キロを記録した。吉沢投手は2回無四球で制球はまずまずも2イニング目に4安打を許して2失点と課題も見せた。

そして最後は190cmを超す長身右腕の根岸崇裕投手が登板し、自己最速141キロを3キロ更新する144キロを記録した。2回を1安打無四球に抑える安定感のあるピッチングを見せ、「負けたくない」と先に投げた2人を上回るピッチングを見せた。根岸投手は今年春に背番号1を背負っていた。

もう一人のプロ注目左腕・丸山和郁選手はこの日は登板は無かったが、1番センターとして出場し3打数1安打、3つの四死球と相手のエラーなどで6打席中5度の出塁、そして50m5.9秒の足を見せ4盗塁を決めた。投げても144キロを記録する選手でU18代表候補にも入っている。

4番・飯島選手が3安打1本塁打

またこの日は投手だけでなく、4番の飯島大夢選手が力を見せた。初回にレフト前に強くはじき返してタイムリーヒットを打つと3回にもタイムリーヒット、そして7回には左中間スタンドにホームランを放ち5打数3安打3打点の活躍だった。

飯島選手は5月の関東大会準々決勝の浦和学院戦で左手首に死球を受けて骨折と診断、全治5週間と言われていた。しかしなかなか骨が付かず、痛みも残る中で、「野球はもうだめ」と言われるのを恐れて通うのをやめ、群馬大会でも4番サードとしてプレーした。

この日もプレー中やスイングなどで顔をしかめるなど相当の痛みを感じている。なかなか治らない骨折をしている状態で、無理をしているのは明らかで、これを美談にはしたくないものの、高校最後の夏、このチームメイトと一緒にプレーしたいという気持ちは十分わかる。悔いの無い形で本人が判断するしかない。

骨折した状態でという事でなくても、見事な活躍だったし、見事なホームランだった。

前橋育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

「飯島を少しでも楽に打たせたかった」と初回、3回と三盗。ともに飯島の適時打で得点。途中で「記録を更新したかったが足がつってしまった」と苦笑い。

今年5月22日の関東大会準々決勝(浦和学院戦)で左手首に死球を受け、骨折。全治5週間の診断を受けた。エックス線写真に写る骨はいつまでたってもくっつかず「行くと(野球は)駄目と言われる」という理由から病院通いをやめた。群馬大会までに完治せず、4試合に出場も打点を挙げることができなかった。

5月の春季関東大会で左手首に死球を受けた。「全治5週間」のはずだったが、いまだに完治しない。前日8日、約2週間ぶりに打撃練習を敢行。山なりのボールだったが10スイングが限界だった。

 「びっくりするぐらい、痛みが引いていなかった」。それでも甲子園初戦を欠場する選択肢はなかった。患部をスポンジの上からテーピングで二重に固めて強行出場。激痛は気持ちでカバーした。

前日、2週間ぶりに軽い打撃練習を行ったが、痛みで緩い球を約10球打っただけ。不安がよぎる中、荒井直樹監督から「おまえの存在が必要だから明日も頼む」と声を掛けられ「主将としてグラウンドに立たないと」と決断した。


PAGE TOP