甲子園大会4日目の注目選手の活躍振り返り

万波中正, 徳山壮磨, 林晃汰, 平元銀次郎, 福永奨, 廣部就平, 川端健斗, 福井章吾, 根尾昂, 柿木蓮, 及川雅貴, 磯村峻平, 伊藤康祐, 宮城大弥, 蔵野真隆, 森悠祐

大会前から注目された第4日目の対戦、プロも注目する選手が活躍を見せたが、それ以外に光った選手も多い。

広陵vs中京大中京

広陵高校は平元銀次郎投手も左の少し低い位置からのキレのストレートと沈む球を見せ、序盤はピンチを背負いながらも要所で三振を奪った。先頭打者に四死球を与えるなど全体的に良くなく6回で降板したものの、6回6安打8奪三振3四死球で2失点にまとめ、チームの勝利につなげた。

またリリーフした山本雅也投手は制球力のある左腕投手、そして打者4人と対戦し2安打2四死球だったものの、2年生の森悠祐投手は147キロを記録し、来年のエース候補としての力を見せた。

中京大中京は磯村峻平選手が素晴らしい投球を見せ、バランスの良いフォームから140キロを超す速球、そして変化球も良く5回1/3を3安打5奪三振、無四球で無失点と広陵打線を抑えきった。しかしリリーフした香村篤史投手が143キロくらいの速球を投げたがバッターに合わせられると、伊藤稜投手は火のついた広陵打線を止められなかった。香村投手は早稲田実戦でも失点を重ねるなど、球は速いものの根本的にフォームなどの見直しが必要だろう。力のある投手なのでそれができれば、名前が挙がる投手になってくると思う。

U18代表候補に入っている伊藤康祐選手は、3回に大きなホームランを放った。6打数3安打を打ち、パワーのある打撃も見せた。足もある選手だが打撃にパワーもあり、チームの主軸を打っていける選手になるかもしれない。

横浜vs秀岳館

横浜は秀岳館の川端投手、田浦投手に4安打に抑えられたが、福永奨捕手がホームランを放ち力のあるところを見せた。万波中正選手は打撃では7回にライト方向にヒットを打ち逆方向の意識も見せた。投手として登板し146キロを記録、2/3回で2失点と悔しい内容だったが、ストレートは角度があった。変化球はまだまだ。

1年生の及川雅貴投手はゆったりとしたフォームで130キロ中盤から後半の速球と変化球があり、制球も素晴らしかった。また2年生の板川圭矢投手も終盤2イニングを2安打無失点に抑える好投を見せた。この両左腕と万波選手で新しいチームを築いていきそうだ。

秀岳館は川端健斗投手はセンバツほどではないが、キレのあるストレートと大きな変化球で6回2安打5奪三振1失点と安定感を見せた。148キロを記録した田浦文丸投手は球速は130キロ前半で変化球を多投した。足をつっての投球だったようで、次の試合に期待したい。木本凌雅選手はこの夏は不調だが鋭い打球を見せた。廣部就平選手は好調で、2ベース、3ベースヒットを記録した。打球が上がる選手でスラッガーとして素質十分。

興南vs智弁和歌山

興南の1年生・宮城大弥投手は試練となった。130キロ後半の伸びのある速球と大きな変化球が素晴らしかったが、智弁和歌山打線がストレートを振りぬき、アウトになっても鋭い打球を飛ばし続ける。怖さが芽生えたか徐々に押され始め、4回に2失点、5回に2試失点し途中で8安打4失点で降板した。素晴らしいものを持っているのは間違いない。球速のレベルを1つ挙げ、変化球も磨いてほしい。

智弁和歌山は3番の2年生・林晃汰選手がホームランを放った。左投手を相手にファウルで粘りながらタイミングを合わせ、高めの威力のあるストレートをセンターからややレフト寄りのスタンドに放り込んだ。スイングはフルスイングが持ち味だが、当てて粘ることもできる選手で能力が高い。3年生の蔵野真隆選手も鋭い打球を飛ばし、高校生ではトップクラスに入ってくる打者だろう。

大阪桐蔭vs米子松蔭

大阪桐蔭のエース・徳山壮磨投手が素晴らしかった。球速は140キロ前半もフォームがセンバツよりも大きくぎこちなさもなく、制球も変化球もよかった。7回2安打8奪三振無四球で1失点、高校生ではなかなか打ち崩せない投手になった。リリーフした2年生の柿木蓮投手はセンバツ同様力のある球を投げ続けた。145キロ前後の球速を維持し、角度のある球を投げる。

打線では福井章吾選手がホームランを放ち、大きくないもののパワーを見せる。2本の2ベースヒットなど、西谷監督が「藤原がダメな時に福井がチャンスを作る」と、2番捕手としての期待に十分応えた。根尾昂選手は守備でダイビングして後にそらし1失点につながるミスをしたものの、打撃では素晴らしい対応力と振りぬいての打球の強さを見せ2本の2ベースヒットを打った。

米子松蔭の辰巳晴野投手は6回9安打4奪三振6失点、伸びる球もあり大量失点につながらない粘り強さを見せた。2年生で来年がある。注目したい。

夏の甲子園2017、第4日目の組み合わせと注目選手


PAGE TOP