甲子園大会7日目の注目選手の活躍

大会7日目に登場した選手の活躍をまとめます。

京都成章vs神村学園

京都成章の北山亘基投手は140キロ前後のキレのある球があり、今大会の投手の中で上位に入ってくる投手だと思う。8回1/3を投げて8安打3失点にまとめ11三振を奪った投球は見事だった。

神村学園の青柳貴大投手も安定したバランスの良いフォームだった。

高岡商vs東海大菅生

高岡商の2年生・山田龍聖投手は、制球に苦しんだものの、左から低めに伸びるストレートは、期待できる本物の球だと思う。1回1/3で4安打3四死球で6失点と苦い甲子園デビューとなったが、非常に楽しみ。また伏見拓真投手は球速は130キロ中盤から後半もインコース高めにエグイ球を抛り込み、打者が自打球で苦しんだ。体もあり、こちらも楽しみな投手。

東海大菅生の松本健吾投手はスプリットを使い、巧みな投球。投球フォームのバランスも良く捕手を見て投げられる。もう1ランク上がれば、大阪桐蔭・徳山投手のような感じになれそう。

青森山田vs彦根東

青森山田は2年生の中沢樹希也選手が2打席連続ホームラン、低めの球をバットに合わせた感じだが、打球はぐんぐん飛んで行った。打てるツボがある選手か。来年も注目してみてゆきたい。

彦根東の原晟也選手は3ベースヒットを放ったが足もあった。遊撃手としてプレーしている。進学校ということで、どこかの国立に合格したら、そのチームを引っ張る存在になるかもしれない。

済美vs津田学園

済美の亀岡京平選手が2本塁打を放ち、1回戦から3本目のホームラン。パンチショットのような感じもさせるが、それでもこれだけホームランを打つのは力がある。八塚凌二選手は投手として7回1安打8奪三振無失点と好投した。しかしとにかく変化球が多く、腕を振り切らなくてもキレで抑えている。疲労もあるのだろう。

津田学園はこの日は打線も元気がなく、水谷翼投手も7失点。1,2年生の多いチームだったので、来年につなげてほしい。

夏の甲子園2017、第7日目の組み合わせと注目選手


PAGE TOP