夏の甲子園2017、準決勝の組み合わせと注目選手

夏の高校野球甲子園大会、準決勝の2試合の対戦カードと注目選手です。

第1試合

天理高校
太田椋2年
180cm70kg 右右
  野球センス抜群で能力が高い選手。2年生で天理の主軸を打つ。 B
神野太樹3年
172cm77kg 右右
  体にバネがあり運動能力が高い選手! 小柄だが長打力があり、天理のバレンティンと呼ばれる。 B
輪島大地3年
187cm87kg
  角度があるフォームから140キロ台の速球と、カーブ、スライダー、スプリットを投げる。 高校3年春にベンチ入りすると、夏は準々決勝でリリーフで登板し、2/3回を1奪三振無失点に抑えた。 B
山口乃義3年
174cm65kg 右右
  1年生次に夏の甲子園にて背番号15でメンバー入り。 B-
城下力也3年
172cm62kg 右左
  センス抜群で能力が高い選手だよ。 C
広陵高校
中村奨成3年
182cm73kg 右右
  広角に長打が打てるバッティングと地肩の強さが魅力の能力が高い強肩強打のキャッチャーだぜぇ~! A
平元銀次郎3年
180cm74kg 左左
  低めにノビのある球が投げれる名門広陵の1年生左腕。平成27年度の春季大会では1年生ながら先発を任せらると、期待に応え無失点に抑える活躍をし、存在感を示した。夏の選手権では準々決勝現在、全ての試合にリリ B+

 

第2試合

花咲徳栄高校
野村佑希2年
185cm85kg 右右
  大田リトルシニア出身、1年生秋から4番を任され6本塁打、2年春から春季大会まで16本とホームランを量産している。 右のスラッガーでプロに行ける選手と期待されており、スカウトからも「清宮の次は野村 A
清水達也3年
180cm80kg 右右
  直球はノビがあり球威がある 最速149キロを記録する屈指の速球派 B+
太刀岡蓮3年
170cm68kg 左左
  チームでは、1番を打ち好打、俊足で50m、5,8で走る。バッティングコントロールも上手、チーム打率もトップクラス。守備は中堅で強肩のもち主、春季高校野球埼玉大会では、決勝で浦和学院高校に敗れはしたが活 B+
綱脇慧3年
180cm81kg 右右
  東京城南ボーイズでプレーし、花咲徳栄に進学。1年生の時は球速も120キロ台で夏の甲子園もスタンドからの応援、公式戦の登板もなかったが、その秋から急激に成長し135キロを記録している。 B+
西川愛也3年
177cm75kg 右左
  体の力がありそうで、軽いスイングでも外野の頭を越えていく。 打撃でもまだ粗さがあり、守備の課題などもありそうだが、それを克服してほしい。 B+
須永光3年
右右
  2年生の時からベンチ入り 5番バッターで頼りのある選手 B-
千丸剛3年
160cm50kg 右左
  野球センス抜群!!! C
東海大菅生高校
田中幹也2年
165cm57kg 右右
  2016年報知高校野球7月号で注目選手としてあげられる。 相模原リトルシニア出身。 B-
小玉佳吾3年
180cm70kg 右右
  東海大菅生新二年生の逸材 今春から活躍著しい 投打に期待。 B+
牛山千尋3年
176cm 右
  少年野球5年選抜、マリーンズ杯、6年選抜選出 ジャイアンツカップ優勝 B
佐藤弘教3年
177cm73kg 右右
  身体能力が高く攻走守三拍子揃った選手 B
松本健吾3年
  ゆったりとしたモーションから力のある145キロを投げる 体を太くして下半身が安定してくれば、より力強い球が投げられそうで、安定もしてくる。 B
奥村治3年
172cm65kg 右
  小柄ながら長打や短打などを打つ広角打法のバッターだ。 足は、それほど早くないがピンチになればなるほど強いバッター C

PAGE TOP