センバツに向けて、英明の注目選手たち

英明高, 千原凌平, 黒河竜司, 中村太陽

センバツに出場するチームの、注目選手を、個人的に注目したい選手1位から3位まで紹介します。今回は英明高校。

英明の注目選手

千原凌平選手は中学時代に京都木津川シニアでプレーし、関西選抜の4番を任された選手。身長は170cmだが現在高校通算25本塁打の長打力があり、練習でも鋭い打球を飛ばしているという。昨年秋は調子が良くなく打率も.280、ホームランも公式戦は0本だったが、今年の成長に注目したい。

黒河竜司投手は2年生、180cmの本格派右腕で最速は138キロを記録する。カーブ、スプリットなど投球術を持ち、制球も安定しているほか、けん制などもうまく器用な選手。昨年秋は三本松、丸亀を2試合連続完封する実績をひっさげ、甲子園で全国のチームに戦いを挑む。来年のドラフトのことを意識すると、さらにスケールアップをしたい。

3番目の注目には中村太陽捕手を挙げる。165cmと大きくない捕手だが、セカンドまでの送球は1.8秒台を記録する強肩で、打撃でもチャンスに強い所を見せる。投手とのコンビで相手の足を封じる能力の高い捕手。

チーム

バッテリーを中心に主軸も存在感のあるチーム、3番を打つ田中陸選手など全体で勢いをつけられれば、実力は高いチーム。黒河投手の将来性などを見てみたい。

英明高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP