センバツ第3日目の対戦カードと注目選手

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 2018年センバツ高校野球ニュース

2018年センバツ大会、第3日目の対戦カードと注目選手です。明徳義塾vs中央学院、富山商vs智弁和歌山、智弁学園vs日大山形。

3日目

第1試合

明徳義塾高校
山田圭介2年
176cm67kg 右右
 変化球とのコンビネーションが良くスライダーが特に光る!B-
山田圭佑2年
178cm67kg 右右
 しなやかなホームからのスライダーの切れが良い!B-
市川悠太3年
183cm70kg 右右
 183cmの長身サイドスローで、球速は140キロを超えてきた。
1年時は安定感が無かったものの大事な場面でも起用され、2年時に本格化をしている。
B+
谷合悠斗3年
178cm82kg 右右
 1年次に夏の甲子園で背番号18でメンバー入り
岡山メッツ出身
B+
池田惇希3年
180cm90kg
右右
 チーム屈指の飛距離、龍谷大平安の148キロ右腕・島田直哉投手からホームランB
藤森涼一3年
166cm60kg 右左
 馬淵監督が「監督生活で一番速い」と話す俊足は50mで5.6秒を記録B
真鍋陸3年
174cm72kg
 チーム屈指のスイングスピードある1番バッターB-
中央学院高校
大谷拓海3年
180cm70kg 右右
 高校1年で180cmから130キロ中盤の速球を投げ、秋の関東大会では初戦の市川戦で9回2/3までノーヒットに抑える圧巻のピッチング、9回1安打完封で勝利した。B+
池田翔3年
180cm76kg 右右
 元々は内野手も強肩を買われて1年生の冬に捕手に転向した。
2年秋は打率.370、10打点を挙げ、50m6.2秒の足で14試合で6盗塁を決めた。
大谷投手をリードし関東大会優勝にも導いている。
B
畔柳舜3年
182cm70kg 右右
 182cmから130キロ中盤の速球と、得意のシンカーを投げ、安定したピッチングを見せる。
左バッターを得意とし、左の多い打線との対戦では先発する。
B
田中大輝3年
168cm68kg 右左
 抜群の俊足を持ち、2年生秋は公式戦14試合で8盗塁、練習試合を含めると66試合で37盗塁を記録した。2番バッターとして公式戦打率.415も記録し、チームを引っ張る。B
宇田周平3年
168cm69kg 右左
 中央学院高の1番バッターを任される。遠投113mの強肩でセンターからの送球も注目。B-
西村陸3年
172cm70kg 右右
 50m5.9秒の俊足外野手で、投手として登板するとサイドハンドからバッターのタイミングを外すピッチングで安定感を見せる。
2年秋の関東大会で、強打の東海大相模を相手に9回2失点完投勝利を挙げている。
B-
平野翔3年
168cm65kg 右左
 ショートとして安定感ある守備を見せ、2年秋はノーエラー。
地道な守備練習で磨かれてきた技術に注目。
B-

 

第2試合

富山商業高校
石橋航太3年
178cm83kg 右右
 2年秋までに高校通算21本塁打を放っている右のスラッガー。B
沢田龍太3年
183cm79kg 右右
 183cmの大型右腕で、高校2年で球速も130キロ後半を出しており、成長が期待される。B
横尾和樹3年
170cm75kg
右左
 打撃のセンスが高く2年秋は打率.433を記録、1本塁打7打点B-
智弁和歌山高校
黒川史陽2年
179cm75kg 右左
 大阪桐蔭戦でスタメン、二塁打を放つA
東妻純平2年
172cm71kg 右右
 兄は日体大の東妻勇輔投手。
兄譲りの強肩で遠投は125m
中学時代は遊撃手だったが、智弁和歌山に入学すると捕手に転向した。
智弁和歌山の中谷コーチの指導で成長をしている。
B+
西川晋太郎2年
166cm62kg 右右
 守備(遊撃手)が抜群に上手い選手です。
打撃センスも有ります。
B-
林晃汰3年
178cm85kg 右左
 中学時代に紀三井寺球場で場外弾(推定130mオーバー)紀州ボーイズ時は強肩の捕手で注目されていたが智弁和歌山に入学後サードにコンバート 体格に似合わず柔らかさが有りスローイングも安定有りA
平田龍輝3年
183cm81kg 右右
 平田君の弟、球速が豊かで、注目の選手B+
文元洸成3年
右右
 神戸中央シニアで4番を打ったスラッガー。課題もまだあるものの、右打者だが力強いスイングでライト方向にも強い打球を打てるB+
目代康悟3年
185cm83kg 右右
 青森県から関西強豪高校で挑戦するパイオニアとして2016より投手として智辨和歌山高校で始動。 身長185㌢、体重83㌔、足サイズ30㌢の大型体系ではあるが50Mは6秒前半で走る。 長い腕を大きくB+
冨田泰生3年
174cm78kg 右右
 パワーとミートとが持ち味のチャンスに強いバッターB
神先恵都3年
右右
 智辯和歌山に入学したくて京都洛南ボーイズから紀州ボーイズに移籍した選手B-
本多吏樹3年
185cm84kg
右右
 紀伊三井寺球場で代打で出場して中田ネットを越える場外本塁打を放つ。規格外のパワーが魅力。
まだまだ伸びしろ十分。経験を積みたい。
B-

 

第3試合

智弁学園高校
藤村健太2年
182cm97kg 右右
 1年生の秋の時点で通算本塁打は3本だが、抜群の長打力を小坂監督が評価し、2年春のセンバツでは主軸として起用も期待されている。B
坂下翔馬2年
171cm69kg
右左
 1年夏から二塁手レギュラー、1年秋は打率.448、5本の2ベースB-
川釣聖矢3年
182cm66kg
右右
控え投手だが昨年秋に141キロを記録しており、182cmという身長もある右腕として成長が期待される。B
左向澪3年
174cm70kg 右左
 好きな言葉は「疾風迅雷(しっぷうじんらい)」。駆けっこでは小学生の頃から一度も負けたことがなく、足にはこだわりを持つ。50メートル5秒8はチーム最速。昨秋の公式戦ではチームトップタイの5盗塁を記録したB
伊原陵人3年
170cm68kg
左左
 球速は130キロ前後だが、クロスファイアで右バッターインコースに突き刺さる球が良く、2年秋は42回2/3を投げて49奪三振を記録B-
岡野龍太3年
179cm76kg 右左
 左右に打ち分ける広角打法が身上。小学生の頃からイチロー選手らの打撃フォームを動画で見ながら、バットの角度や足の開き方などを研究した。
今の自分に足りないものは「自信」という。昨秋の近畿大会の大阪桐
B-
小口仁太郎3年
183cm75kg 右右
 2年次の春のセンバツでは背番号11。遠投100mの大型強肩捕手でインサイドワークに優れている。B-
高塚勢牧3年
176cm68kg 右右
 安定したスローイングが持ち味で、見ていて安心できる選手。さらに打撃を磨いて存在感を示したい。
1年次の夏の甲子園で背番号17でメンバー入り。
天理リトルシニア出身。
B-
畠山航青3年
171cm69kg 右右
 走攻守にわたって目立とうとせず堅実なプレーをすることが身上。亀岡秀郎コーチも「基本に忠実なプレーができる内野手」と評価する。
畠山開成選手は兄で、小学生の時からずっと同じチーム。キャッチボールやシ
B-
日大山形高校
竹田空良3年
165cm56kg 右左
 100m走で11.2秒を記録する抜群の俊足の持ち主。1番バッターとして秋は打率.303
出塁を増やし、またレフトを守る守備も、センターを守れるようになれば評価は上がっていく。
B
渡部雅也3年
182cm82kg 右右
 セカンドまで1.9秒の強肩を誇る大型捕手
5番バッターとして一発長打もあり2年秋は練習試合含め5本塁打を打った。
B
斎藤史弥3年
176cm75kg 右左
 酒田シニア出身。
日大山形では2年からレギュラーとして出場し、セカンドを守る。甲子園でも3番を打ち、明徳義塾戦で2安打3打点の活躍を見せた。
B-
佐藤洸太3年
182cm70kg 右右
 最速は136キロを投げるが、コントロールと制球を重視して120キロ台の投球をする。
2年9月の聖光学院との練習試合で3回16失点と苦い経験をしたが、その後、東北大会では仙台育英を完封し、酒田南も4安
B-
佐藤亘3年
184cm80kg 右左
 184cmの大型外野手。4番を打つが2年秋は打率.222に終わり、ホームランも練習試合の1本のみだった。
成長に期待。
B-

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント