乙訓高校・川畑大地投手が144キロ、好リリーフで勝利に貢献

おかやま山陽, 川畑大地, 乙訓高, 井元将也

乙訓高校は、プロ注目の180cm左腕・富山大樹投手がピリッとしなかったが、2番手の川畑大地投手が144キロを記録する投球で好投した。おかやま山陽も井元将也選手が一発を放った。

自己最速

乙訓の先発は、プロ注目の富山大樹投手、180cmの左腕投手で球速は130キロ後半だが期待されていた。しかしこの日は初回に2ベースヒットの後に2ランホームランを浴びて2失点、その後、ヒットを許し、死球を与えるなど、4回を投げて7安打1奪三振2失点で降板した。

2番手で登板したのは川畑大地投手、173cmと大きくないが142キロを記録する右投手で、この日は初球で自己新となる143キロを記録すると、7回には144キロを記録、5回を投げて3安打3奪三振無失点の好投を見せた。

元プロ野球の染田部長の指導により成長した投手で、「いつも以上の力が出せた」と話した。

井元選手先制弾も

おかやま山陽も注目の井元将也選手が初回に2ランホームランを放った。高めの球をスムーズに振りぬき、レフトスタンドに放り込んだ。井元選手は投手としても130キロ後半を記録するが、肩を痛めた事もあり内野手に転向しサードで出場する。昨年夏の甲子園で4番を任されたもののノーヒットに終わっており、この日の第1打席に「ここで打ったら成長だ」と思いを込めて振りぬいた。

サードの守備で2つのエラーをおかし、「負けたのは自分の責任。打撃も守備も力不足」と反省をした井元選手、強肩強打の内野手として成長を期待したい。

乙訓高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
おかやま山陽高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

快投が流れを変えた。2―2の5回、背番号1の川畑大地は2番手で登板すると、初球に自己最速を1キロ上回る143キロをたたき出した。3人で打ち取った直後の6回に、打者9人の猛攻で4点を勝ち越した。「いつも以上の力が出せた」。7回にはMAXを144キロに更新し、5回3安打無失点で乙訓に甲子園初勝利をもたらした。

公立高ながら体育系専門学科を有し、天然芝のグラウンドや室内練習場もそろう。投手陣を指導するのは横浜(現DeNA)で投手だった染田賢作部長(35)だ。元プロならではのアドバイスでも刺激を与えた。「三浦大輔さん(元DeNA)に教えてもらった『投手は行き当たりばったりで練習するな』というのは、今の子たちが入ったときから言い続けている」と染田部長。川畑も「教えてもらうたびに、自分の考えが広がる」と目を輝かせる。


PAGE TOP