東・西千葉大会の組み合わせが決定、木更津総合・野尻幸輝選手、中央学院・大谷拓海選手が最後の夏に

大谷拓海, 滝田承太郎, 渡部翔太郎, 箱山慶人, 野尻幸輝, 田宮裕涼, 清宮虎太朗, 古谷拓郎, 今里凌, 根本太一, 水島滉陽

夏の高校野球、東千葉大会と西千葉大会の組み合わせが決定した。東は木更津総合、西は習志野が優勝候補筆頭に挙げられるが、千葉黎明、東海大市原望洋、中央学院、専大松戸、八千代松蔭など激戦は続きそうだ。

東千葉大会

Aシードは木更津総合と千葉黎明、木更津総合は野尻幸輝選手が1年生の時から素晴らしい打撃を見せており、3年生となってその集大成となる。また2年生の根本太一投手は180cmから最速149キロの速球を投げる右腕で、ブレーク間近の右腕。夏に開花するか。

対抗は千葉黎明と、Bシードの拓大紅陵、志学館などだが、ノーシードの成田高校は中学時代から注目されている田宮裕涼捕手がおり、勝ち上がれば千葉黎明と3回戦でぶつかる。その千葉黎明もこの春の関東大会で力を見せ、渡部翔太郎投手、林直樹投手の2枚看板がいる。

拓大紅陵の水島滉陽選手は中学時代から注目されている選手で、昨年冬の千葉選抜の台湾遠征で素晴らしい打撃を見せた。昨秋は千葉県優勝をしており、古豪復活となるか。

西千葉大会

Aシードは習志野と専大松戸、共に好選手が多く層の厚いチーム。習志野は関東大会でプロが注目した古谷拓郎投手がおり、専大松戸は185cmスラッガー・今里凌選手がいる。

また190cmの大型右腕・清宮虎太朗投手を要する八千代松蔭、二刀流として注目されている大谷拓海選手の中央学院、滝田承太郎投手、箱山慶人投手の186cmツインタワーがいる日体大柏など、各チームに注目選手がいる。

習志野が試合巧者という事もあり一歩リードするが、どこが勝ち上がるのか予想は難しい。

2018年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト


PAGE TOP