山梨大会の組み合わせが決定、山梨学院・垣越建伸投手は147キロ期待

小野寺瑞生, 垣越建伸, 荘司宏太

夏の高校野球山梨大会の組み合わせが決定した。3年連続の甲子園を目指す山梨学院は、144キロを記録している垣越建伸投手にプロが注目する。

東海大甲府などを抑えて2年連続で甲子園に出場をしている山梨学院、今年も優勝候補の筆頭にいる。エースの垣越建伸投手は183cm95kgの大型左腕で、最速144キロを記録しているが、吉田監督は「この夏、147キロは出るんじゃないか」と、さらに球速が伸ばせると期待している。

その垣越投手は、岐阜県の飛騨高山ボーイズの出身、大阪桐蔭の根尾昂投手が146キロの速球でエースをしていたチームでチームメイトだった。昨年末に地元の練習会にOBとして参加し、根尾選手と再会した際には、甲子園で対戦することを誓ったという。垣越投手は「根尾を真っすぐで抑えたい」と、夏の甲子園を目指している。

決勝は2年連続で山梨学院と東海大甲府、しかし決勝戦のスコアは、12-5、14-3と大差がついている。今年も2強の様相で東海大甲府もリベンジに燃える。全体的に暑い夏の大会で投手の力が消耗し、大会終盤はエースが大量失点する試合はよくある。

そこで今年の東海大甲府は複数のエースを準備している。春のエースを着けていたのは、安定した投球を見せる左腕の渡部雄大投手だが、最後の夏に背番号1をつけるのは小野寺瑞生投手だった。

小野寺投手は田中正義投手の出身である川崎中央シニアで140キロの速球を投げ、田中選手の中学時代よりも大きくてしっかりとした身体を持ち期待された。しかし東海大甲府では伸び悩み、昨年夏の山梨大会決勝で登板後、公式戦は今年春の山梨大会初戦だけだった。

その試合で6回1/3を投げて4安打7奪三振無失点、実力に差があるチームとの対戦で、球速も130キロ後半が最速とまだ本調子ではなかったが、「冬場に股関節の柔軟性を上げて体感を鍛えなおした。微調整したフォームでストレートのアベレージもアップした」と村中監督が話し、最後の夏は小野寺投手を軸に、決勝で山梨学院を抑えることを託した。

参加35校ながら、駿台甲府の荘司宏太投手も142キロから三振を奪える球を投げる左腕でプロが注目する。今年の山梨大会はどのような戦いになるか、注目したい。

2018年度-高校生-山梨県のドラフト候補リスト

冬には同校名物の丸太トレーニングなどで下半身を徹底的に鍛え、昨夏130キロ台だった球速は今春144キロを計測。吉田洸二監督(49)が「この夏、147キロは出るんじゃないか」と期待を寄せる左腕だ。

12年ぶりの聖地を目指す甲府工の坂本司主将(3年)が引いた相手は、県内屈指の142キロ左腕・荘司宏太(3年)を擁する駿台甲府。Aシード相手にも、坂本は「自分たちは、どこが来てもいいと思っていた」と白い歯を見せた。


PAGE TOP